クルドラ

日産ノートを高く売りたい人に。相場よりも高く売れる、たった1つの方法!

コンパクトカーでありながらも、室内の広さやロングホイールベースによる乗り心地の良さで人気の日産ノート。
今回はそんなノートを高く売る方法や相場の目安について見ていきたいと思います。

買取金額upの条件

ノートの買取金額がアップするのは以下のような条件に当てはまったときです。

・人気のグレード
「15X FOUR Vセレクション」「15X FOUR SV(4WD)」「ライダー ブラックライン」「ライダー」
・人気のカラー
ブリリアントホワイトパール、スーパーブラック、シャイニングブルー
・人気のオプション
日産オリジナルナビ、ナビ取付パッケージ、アラウンドビューモニター、自動防眩式ルームミラー

ノートはメダリスト、ニスモなどが高値で売れる傾向にあります。次いでアクシス、ライダーも比較的高いです。
色はホワイトパールが1番人気でリセールバリューもダントツに高いです。

ノートを高く売るコツ

結論から言うと少しでも高く売るためのイチバン大切なことは、下取りに出したりせずに、「複数の買い取り業者に査定をしてもらうこと」です。

下取りに出すよりも高値で売却できる可能性が高いです。


いくつかの業者から見積もりを取ることで、業者間の買い取り価格競争を誘発し、高値を引き出すことができます。ネットから簡単に複数の車買取店から見積りを集めることができる便利な一括査定サービスを利用しましょう。

必要事項を入力した後に電話がかかってきますので、条件の良さそうな買取業者だけ呼んで実際に査定をしてもらえば大丈夫です。もちろん車をもって行く必要もなく、自宅に居ながらにして出張査定してもらえますので最小限の労力で済みます。

これでとても効率的に車を売ることができます。査定金額が10万円と言われた車が、他では10万円以上も高かった!なんてことはザラです。

査定の相場は?

ノートは、年式やモデルによって査定金額が全く違ってきます。人気グレードやオプション、それに査定をするタイミングによっても買い取り額が上下するのが普通です。。自分が売りたいクルマの査定価格の相場をリアルタイムでチェックすることで、売却と下取り、どちらがお得なのかも確認できます。

>>ノートをリアルタイム査定してみる

スポンサーリンク

【モデル別】ノートの買い取り価格相場まとめ

初代 2005年1月~モデル


買取査定相場:0万~70万
日産ノートは人気の車種ですが、先代モデルということで買い取り価格も下がってきています。
買いたたかれないためにも複数の見積もりを取ることは大切です。

2008年にマイナーチェンジ、2010年に一部改良されましたのでその後の方であればやはり買い取り金額は上がりやすいです。
年式もそうですが、走行距離や車の状態も買い取り価格に直結しますので日ごろのメンテナンスは大事です。

概要

2005年にデビューした日産の初代ノートは当時大人気だったホンダフィット同様に同クラスのコンパクトカーとしては比較的大きな室内空間を持つハッチバックカーでした。

1.5 L /1.6 L 直列4気筒エンジンで動力性能の面で余裕を持ちながらも車両価格は130万円~となっており お買い得感のあるコンパクトカーでした。駆動方式はFFと4WD。2008年のマイナーチェンジでフロントデザインの小さな変更と発売モデルの整理変更がおこなわれました。

クロームパーツでカスタムされたライダーシリーズなど ノートは派手さはないが同クラス販売台数で常にトップ10に入る程の日産のコンパクトクラスの人気モデルでした。

2代目 2012年9月~モデル


買取査定相場:25万~120万

他のコンパクトカーと比べてもノートは需要が高く、高値で売ることが可能となっています。
特別限定車など、希少価値が高いものほど買い取り価格も上がりやすいです。色は白を中心に人気です。

e-POWERはまだ2016年に出たばかりなので中古車市場では流通していませんが、売るとしたらかなりの高値で売れるでしょう。
しかし

概要

二代目日産ノートは2012年に日本で発売されました。エンジンは前モデルが1.5 L /1.6 L 直列4気筒だったのに対し 二代目は省燃費でクリーンな3気筒1.2リットルのダウンサイジングエンジンに変更され、小さなエンジンのパワー不足を補うためスーパーチャージャーが組み合わされました。

前モデルも含めノート最大のヒットとなったのが2016年11月のマイナーチェンで追加されたe-POWERと名付けられたハイブリッドモデルです。

エンジンは発電のみで、モーターだけで走るこのハイブリッドモデルのヒットのおかげで この月 軽自動車を含めた国内乗用車販売台数でノートは初めて一位となりました。

スポンサーリンク

メニュー