クルドラ

日産デイズ/ライダー/ハイウェイスターのおすすめグレードを比較して検証!後悔しないために選んでおきたいのは?

デイズにはライダーやハイウェイスターなど10種類以上のグレードがあり、ぶっちゃけどれがいいのか迷ってしまうと思います。

そこでこの記事ではそれぞれのグレードの特徴を細かく取り上げて、他のグレードとも比較しつつおすすめのグレードをご紹介したいと思います。

関連記事:>>デイズ値引き

ハイウェイスターXの特徴


ハイウェイスターXはデイズハイウェイスターシリーズで最も低価格ですがデイズとしては上級なグレードです。
エマージェンシーブレーキや踏み間違い衝突防止アシスト、アラウンドビューモニターなど予防安全装備も標準装備となっています。

ハイビームアシストやオートヘッドライトなどのライト系装備が充実しており、フォグランプも装備されます。ホイールは14インチアルミホイールとなります。
室内は4スピーカー、エボニーカラーのドアトリムやシルバー加飾のパワーウィンドウスイッチなど、内装面も充実しています。ツートンカラーの室内になるプレミアムコンビネーションインテリアがオプションで選べます。

ハイウェイスターG ターボの特徴



ハイウェイスターGターボはデイズシリーズで最も高価格な最上級グレードです。

エマージェンシーブレーキや踏み間違い衝突防止アシスト、アラウンドビューモニターなど予防安全装備も標準装備となっています。全グレードの中で唯一チルトステアリングとクルーズコントロールが装備されます。

ハイビームアシストやオートヘッドライトなどのライト系装備が充実しており、フォグランプも装備されます。ホイールは15インチアルミホイールとなります。

室内は6スピーカー、エボニーカラーのドアトリムやシルバー加飾のパワーウィンドウスイッチなど、内装面も充実しています。ツートンカラーの室内になるプレミアムコンビネーションインテリアがオプションで選べます。

Jの特徴



Jはデイズシリーズで最低価格のグレードで、2WDのみの設定となっています。アイドリングストップシステムやバッテリーアシストシステムがつかず、燃費が上位グレードより劣っています。

エマージェンシーブレーキや踏み間違い衝突防止アシストなど予防安全装備は標準装備となっています。バックビューモニターがオプションで設定され、アラウンドビューモニターは装備されません。

上位グレードに装備されるIRカット機能ガラスは装備されずUVカットガラスになります。また、同様に上位グレードに装備されるプッシュエンジンスターターも装備されません。

ヘッドランプはハロゲンヘッドランプとなり、フォグランプはオプションで設定されます。ホイールは14インチのスチールでフルホイールカバー付きとなります。

Sの特徴



Xはデイズシリーズで中間的な価格のグレードで、4WDのみの設定となっています。エマージェンシーブレーキや踏み間違い衝突防止アシストなど予防安全装備も標準装備となっています。

バックビューモニターがオプションで設定され、アラウンドビューモニターは装備されません。上位グレードに装備されるIRカット機能ガラスは装備されずUVカットガラスになります。

また、同様に上位グレードに装備されるプッシュエンジンスターターも装備されません。ヘッドランプはハロゲンヘッドランプとなり、フォグランプはオプションで設定されます。ホイールは14インチのスチールでフルホイールカバー付きとなります。

Xの特徴



Xはデイズシリーズで最も高価格でデイズとしては最上級なグレードです。エマージェンシーブレーキや踏み間違い衝突防止アシスト、アラウンドビューモニターなど予防安全装備も標準装備となっています。

ヘッドランプはハロゲンヘッドランプとなり、フォグランプはオプションで設定されます。ホイールは14インチのスチールでフルホイールカバー付きとなります。

室内は4スピーカー、アイボリーカラーのドアトリムクロスやシルバーフィニッシャーのステアリングやエアコン吹き出し口など、デイズとしては内装面も充実しています。

Vセレクションの特徴

VセレクションはXグレードをベースにした特別仕様車です。特別装備としてオーシャンブルーというボディカラーが選べ、14インチアルミホイールを装備しエボニーカラーのドアトリムクロスとなっています。

エマージェンシーブレーキや踏み間違い衝突防止アシスト、アラウンドビューモニターなど予防安全装備も標準装備となっています。ヘッドランプはハロゲンヘッドランプとなり、フォグランプはオプションで設定されます。

室内は4スピーカーを装備し、シルバーフィニッシャーのステアリングやエアコン吹き出し口など、デイズとしては内装面も充実しています。

スポンサーリンク

Boleroの特徴



Boleroはデイズの外装を変更したタイプで、デイズのヘッドライトの間にあるグリルがないデザインとなっています
専用ドアトリムクロス、専用レザー調シート(Xのみ)が内装の特別装備で、外装面では専用フロントグリル、専用フロントバンパー、専用エンブレムが装備されます。

メッキモールなど外観のオプションも多数用意されています。その他の装備はXまたはJに準じており、特別な外観を持つBoleroですが、価格によって装備を選ぶことができます。色はデイズと同じ10色の設定があります。2WDと4WDが選べます。

ライダーの特徴



ライダーはハイウェイスターシリーズのグリルなどを変更し専用LEDバンパーイルミネーションなどを装備した特別なタイプです。メッキをあしらったバンパーやメッキグリルが特徴的で日産エンブレムの付かない独特の外観です。

内装は専用のシート生地、ドアトリムクロス、センタークラスターサイドに専用クロムメッキフィニッシャーが装備されます。ハイウェイスターX、ハイウェイスターG/ターボから選べるので価格と装備に見合った選択が可能です。

色はスカーレット、オーシャンブルー、ホワイトパール、ブラックの4色のみとなっています

おすすめはどのグレードか

ハイウェイスターであればグレードは問わず装備が良くなっており、走行性能の好みに合わせてXかクルーズコントロールが装備されるGターボを選べばよいでしょう。

一方デイズはVセレクション、またはXグレードが装備が充実しているのでおすすめとなります。どちらも4WDが用意されているので、Sグレードは予算的な面以外ではあまりおすすめではありません。

一方Jグレードは燃費が劣っている面などで低価格というメリットがあまり無いとも言えます。

Boleroとライダーはスタイルで選べるグレードですが、とくにBoleroは装備が充実しているXグレードがベースのほうがおすすめできます。
ライダーはハイウェイスター系で装備が充実しているので価格で選んでも問題ないでしょう。

デイズを安く買うには下取り車を高く売ることがカギ


デイズの新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「かんたん車査定ガイド」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽かんたん車査定ガイド公式サイトはコチラ▽

それでも・・・

あなた
ネットの一括査定って個人情報が洩れたり、めちゃめちゃ電話がかかってくるんじゃないの?それは嫌だな~
管理人
そんな不安をお持ちの方は「かんたん車査定ガイドって実際どう?キャンセルできる?管理人が実際に使ってみた」をご覧ください。きっと不安が解消します。
管理人
もし、あなたが個人情報をできるだけ開示したくないならユーカーパックがオススメです

ユーカーパックが人気の理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・連絡が来るのがユーカーパックのコールセンターからのみ
・査定は1回だけ。そのデータをもとに各業者が買取価格を提示

↓ユーカーパック公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
管理人
ユーカーパック?どういうサービス?なにが得なの?という方は「ユーカーパックが車一括査定よりも良いところはどこ?」をご覧ください

管理人
最高額を提示してくれる1社とだけ電話をしたいなら「車査定・買取の窓口見積もり(無料)」がオススメです。
今ならご成約者全員にamazonギフト券5000円分プレゼントと太っ腹!※過去1か月以内に一括査定サイトを利用していないことが条件
車査定・買取の窓口が選ばれている理由
・しつこい電話がない
・最高額の買取会社のみ紹介してくれる
・個人情報は1社にしか公開されない
・入力項目が10個以下とほかの一括査定と比べてかなり少ない

▽車査定・買取の窓口公式サイトはこちら▽
管理人
車査定・買取の窓口ってなに?大丈夫なの?と心配な方は「「車査定・買取の窓口」のメリット・デメリットを他のサービスと比較!」をご覧ください

スポンサーリンク

メニュー