クルドラ

新車購入時にコーティングは必要?メリット・デメリットと自分でもできるのか調べてみた。


クルマを買うときにオススメされるのがボディコーティング。

新車には少しでも長くピカピカでいてほしいですよね。

しかしこのコーティング、なかなかの値段がします。

果たして必須なのでしょうか?

詳しく見ていきたいと思います。

ワックスはオワコンなのか?

以前は休日に車にワックスがけをしている姿を見たものですが、最近ではめっきり見なくなりました。

ボディにコーティングしていたり、洗車するだけでワックスもできるシャンプーもありますから、そういったものを使用しているのではないでしょうか。

最近ではディーラーなどの業者に頼まなくても、個人でも安く簡単にかけられる簡易コーティングがあり、十分な品質で洗車後に水で濡れたままスプレーするだけでできる商品もありますのでゴシゴシ何時間もかけてワックスをかけるというのは一昔前の光景になったと言えます。

ボディーコーティングの主な効果


・汚れを付きづらくする

・表面の劣化による変色防止

・艶・輝きを保持する

・洗車が簡単になる

などがあります。

メンテナンスをしなければ雨風にさらされますからどちらも効果は長続きするわけではありませんし、日常的な洗車も必要です。

業者に頼まなくても自分でDIYとして行うことも可能で、ボディーおよびガラスコーティング用のカーグッズも数多く売られています。

新車のボディーコーティングは結局やるべきなの?

新車かどうかに関係なく、ボディーコーティングをしたほうが愛車のきれいな状態が長続きするのは間違いありません。

しかし、やらなかったからといって、劣化が早くなったり売却するときの査定額が下がったりすることはありませんので、「どちらもあり」というのが結論です。

金銭的に余裕があればやってしまいましょう。

また、どちらを選んだとしても普段のメンテナンス、洗車は必要です。

なぜコーティングは新車を購入するときに勧められるのか

コーティングをする際にはあらかじめしっかりとした下地処理が必要です。

そうしないと、コーティングの持ちも短くなってしまいます。

すでに道路を走った車の場合、ボディに水垢や鉄粉などの汚れが付着しています。

それをコンパウンドなどの専用道具を使ってキレイにしないといけないため、下地処理に手間と時間がかかります。

また、ガラスコーティングは鉄粉の付着を防ぎ、洗車も水洗いで済みますし汚れも落ちやすくて手入れが簡単です。

つまり、新車の納入時にコーティングをしてしまえば、手入れが簡単で、きれいな状態の車に乗れるということです。

ガラスコーティング


ガラスコーティングは二酸化ケイ素が主成分で、車の塗装の表面にガラスと同じ分子(二酸化ケイ素/シリカ)を化学結合させて定着させます。

スポンサーリンク

もちろん本物のガラスとは違います。

艶(ツヤ)が出るタイプはシロキサンで、ポリシラザンは艶が出ません。

ガラスコーティングには色々と種類がありますが、基本的には車の表面に科学変化を起こして強い膜を形成するイメージです。

メリット

・艶があり形成されたガラス皮膜は酸化しないので、持続効果が長い。

・無機質なので油分が非常に少なく自然な輝きになる。

・くすみの原因となる目に見えないレベルでの細かい傷がつきにくいので、ほとんどの汚れが水洗いだけで落とす事ができる。

デメリット

・施工費用が高額(6~10万)

・完全硬化するまで時間がかかる

・自分でやるにはハードルが高い

ポリマーコーティング

ポリマーコーティングもガラスコーティングと同じで化学結合による膜を定着させます。ガラスではなくシリコンやフッ素といった樹脂を使用しています。

ガラスコーティングに比べて油脂分が多いので、劣化しやすく持続性は短いです。

施工は噴きつけるだけのものが多く、簡単なので自分でも出来ますし、洗車機などでも施工可能なのでコストは安いです。

メリット

・施工費用が安い(2.5万~)

・自分でも施工できる

・仕上がりに艶がある

・施工・剥離・再施工が簡単にできる

・小さな傷なら、上からコーティングすれば消える

デメリット

・被膜がやわらかいので、傷を防ぐ効果がない

・劣化しやすく、コーティング効果が短い(3ヶ月程度)

・劣化するとしつこい油脂となり、取り除かなくてはいけない。

・マメにメンテナンスが必要(最低月に1度)

・研磨剤入りの洗剤を使うと被膜が剥がれる

車のコーティングは自分でもできるけどかなり大変

ディーラーや専門店で頼むと高いので、自分でコーティングしようかなと考える人も多いのですが、だいたいは面倒なので業者に頼んだ方が手っ取り早いです。

まず、場所の問題があります。

コーティングを施工する場所は風が吹かず、ゴミのつかない仕切られた屋内でする必要があるからです。

屋外などで施工すると、せっかくの愛車のボディーに傷がついたり車の塗装にコーティング剤が残りまだら模様になったりと、車がかわいそうな状態になってしまいます。

最低限ポリッシャーは必要で、下地処理の磨きやポリマーの液剤を綺麗に塗る為に手がけをするように圧倒的に綺麗で効率的な作業ができる他、ポリッシャーの熱により綺麗にコーティングができるという特徴もあります。

自分でするポリマーコーティングの作業手順

1.車をシャンプー洗車

2.ネンド等を使用して鉄粉を除去

3.ライトやガラス・窓などのふちをマスキング

4.コンパウンドとポリッシャーを使用して磨き上げる

5.脱脂剤を使用してボディーに付着している油分を吹き上げて取り除く

6.コーティング剤を塗っていく

7.仕上げ拭き上げ作業

で終わりです。

どうですか?自分でやってみようという気は失せたのではないでしょうか?w

ちなみに一度手順を覚えてしまえば次回からは自分でポリマーを書けることができるので本当にクルマ好きの方はやってみてもいいでしょう。

ちなみにポリマーコーティングにかかる費用のほとんどが技術料で、原材料にかかる費用はたいした事はありません。

スポンサーリンク

<<お得に車を買い替えたい方は必見!>>

車の買い替えに焦りは禁物です。
ディーラーに下取りに出すつもりでも
愛車の査定相場を知らずに交渉すると
安く買いたたかれて大損をしてしまうかも…。

【ディーラー下取り額<車査定の金額】
になることが多いのも今では常識です。
管理人おすすめのネット一括査定カービューで愛車の査定額をチェックしてから値引き交渉に臨みましょう!

カービュー公式サイトはこちら >>https://kaitori.carview.co.jp/