クルドラ

三菱RVRのおすすめオプションはどれ?後悔しないために本当に必要なオプションを調べてみた

三菱RVRを購入しようとするとき、どうしても悩んでしまうのがオプション選び。

付けすぎると予算をオーバーしてしまいますし、ケチりすぎるとあとでやっぱり付けておけばよかった…と後悔することも。。

今回はそんなあなたのために、三菱RVRで本当に必要なオプション、できればつけておきたいオプションを詳しく見ていきたいと思います。

三菱RVRで必須のオプション

ナビ(¥83,160~)


三菱RVRは全グレードでオーディオレスが標準仕様なので、オーディオかナビゲーションシステムは必須オプションの一つです。

メーカーオプションのオーディオやナビであれば、ステアリングスイッチとセットで購入できるので、運転手が安全にオーディオとナビを運転中でも操作することができます。

SRSサイド&カーテンエアバッグ


次の必須オプションは、SRSサイド&カーテンエアバッグです。RVRには運転席&助手席SRSエアバッグ、運転席SRSニーエアバッグは標準装備ですが、側面衝突やオフセット衝突時に搭乗者を危険から守るエアバッグはオプション装備になっています。

搭乗者の安全のためにはぜひ付けておきたいオプションです。

サイドバイザー&フロアマット


残る必須オプションは、サイドバイザーとフロアマットです。

車に詳しくない人はこれらがオプション装備だということを知らないケースもあります。

セールスマンがいつの間にか見積もりに入れている場合もありますが、原則注文しなければ装備されません。

車ごとに窓やフロアの形状が違い、特にマットはずれると安全を大きく損なうため、専用オプションの購入をおすすめします。

できればつけておきたいオプション

ベースキャリア(¥36,374)


RVRはアウトドアでアクティブに行動する人が乗ることの多い車なので、ルーフ上に荷物を置ける場所を確保するために、ディーラーオプションのベースキャリアはおすすめです。

グレードMの場合はビルトインのメタリックなルーフレールがオプションで付けられるので、ルーフレール対応型のベースキャリアとセットで設置すると、ルックスがよりスタイリッシュになります。

スポンサーリンク

また、アウトドアで雪道や悪路を走ることが多い方にはスペアタイヤが必要な緊急事態があるかもしれません。

一昔前ではどんな車でも当たり前だったスペアタイヤは今の車ではオプション扱いです。

RVRでもスペアタイヤはオプションなので、別途購入をおすすめします。

さらにワゴン車扱いのRVRは、セダンなどと違い、後部のラゲッジスペースを覆って荷物を隠すトノカバーもオプション扱いです。

ラゲッジスペースに敷くマットなどもオプションなので、荷物の中身をデリケートに扱いたい方や、プライバシーを守りたい方は、これらのオプションを購入された方が無難です。

不要なオプション

全く使わないオプションを付けてしまってあとで後悔しないように、不要なものはなにかピックアップしておきたいと思います。

RVRにはメーカーから複数のオプションがセットになった「パッケージメーカーオプション」が複数用意されていますが、内容については吟味が必要です。

オートクルーズコントロール

プレミアムパッケージ・ラグジュアリーパッケージ・フルパッケージなどについているオートクルーズコントロールは、速度を一定に維持してくれますが、前方の車に追従してくれる最新型ではありません。

交通信号でストップ&ゴーを繰り返す一般道向きではないので、高速道路を頻繁に利用する人以外は不要な装備です。

ラグジュアリー・フルの両パッケージについてくる「運転席パワーシート」「運転席&助手席シートヒーター」「フロアコンソールボックス」なども、本当に必要かどうか熟慮した方がよい装備です。

運転席パワーシートは自分で動かせば済むことですし、運転席&助手席シートヒーターもよほど寒い地域でないとほとんど使うことはありません。

フロアコンソールボックスも純正品である必要はなく、安い社外品でも済ませられるので不要です。

オプション選択は後悔の無いように

オプションは購入時にしか付けられないものもあり、取捨選択に頭を悩ますところです。

カスタムパーツや内装オプションを充実させての魅力を引き立たせたいのは山々・・・とは言えいくらでも費用をかけるわけにもいかないですよね。そこで大切になってくるのが値引き額を把握することと愛車の下取り相場を調べて買い換え全体で損をしないことです。

この記事を見てくれた人には新車購入時に絶対損をしてほしくないので、どうやって騙されずに値引き交渉すればよいのか、次の記事でチェックしてみてください。

>>新型RVRの値引き相場は?評価、評判をチェック!

スポンサーリンク
<<お得に車を買い替えたい方は必見!>>

車の買い替えに焦りは禁物です。
ディーラーに下取りに出すつもりでも
愛車の査定相場を知らずに交渉すると
安く買いたたかれて大損をしてしまうかも…。

【ディーラー下取り額<車査定の金額】
になることが多いのも今では常識です。
管理人おすすめのネット一括査定カービューで愛車の査定額をチェックしてから値引き交渉に臨みましょう!

カービュー公式サイトはこちら >>https://kaitori.carview.co.jp/