クルドラ

レクサスのおすすめオプションはどれ?後悔しないために本当に必要なオプションを調べてみた

レクサスを購入しようとするとき、どうしても悩んでしまうのがオプション選び。

付けすぎると予算をオーバーしてしまいますし、ケチりすぎるとあとでやっぱり付けておけばよかった…と後悔することも。。

今回はそんなあなたのために、レクサスで本当に必要なオプション、できればつけておきたいオプションを詳しく見ていきたいと思います。

レクサスで必須のオプション

インテリジェントクリアランスソナー(¥118,800)

レクサスにはいくつかの車種がありますが、そのほとんどにオプション設定されているのが「クリアランスソナー」です。

これは車の四隅と前後にセンサーが付いていて障害物に近づくとブザーが鳴って知らせてくれるというオプションです。

レクサスはボディサイズが大きいものから小さいモデルまで様々ですが、小さなモデルでも造形にこだわっています。

このためほかのトヨタ車に比べて見切りがあまりよくありませんので、車幅感覚がつかみにくい傾向があります。

ですのでクリアランスソナーを付けて置いた方が無難だと思います。

価格は安いタイプのもので約45000円くらいでそんなに高くありません。

また最新モデルにはインテリジェントクリアランスソナーというタイプのものも登場しています。

これは前方や後方に障害物がある状態でアクセルを踏むと自動的にブレーキがかかるという頭の良いタイプのクリアランスソナーです。

こちらは約12万円ですが、万が一の事態に備えてぜひとも装備しておきたいオプションだと思います。

できればつけておきたいオプション

“マークレビンソン”プレミアムサラウンドサウンドシステム(¥225,720)


レクサスには「マークレビンソン」サラウンドシステムというオーディオシステムがすべてのモデルにオプション設定されています。

これはアメリカにあるハイエンドオーディオメーカーでレクサスの初期モデルからオプション設定されていて音の良さには定評があります。

価格は車種によっても異なりますが約22万円で結構高価ですがオーディオにうるさい人でも満足させるくらいの性能が備わっていますので、車でよく音楽を聴くという人は出来れば装備したいオプションです。

スポンサーリンク

しかしレクサスのオーディオは標準タイプでもコストがかけられていますので、普通のトヨタ車に比べると結構良い音が鳴ります。

ですので、あまりこだわらないという人は別に装着する必要はありません。

オーディオに詳しくない人はマークレビンソンを装着しても標準装備のタイプとの違いはあまりわからないでしょう。

ですのでレクレクサスの購入を検討している人はディーラーの試乗車や展示車に実際に乗ってオーディオの違いを確かめてみてから装着するのかしないのか決めた方が良いと思います。

不要なオプション

ムーンルーフ(¥108,000)


全く使わないオプションを付けてしまってあとで後悔しないように、不要なものはなにかピックアップしておきたいと思います。

すべてのレクサスに装着できる「ムーンルーフ」のオプションは必要ないと思います。レクサスのLSやGS、ISなどのセダンは車高が低いのが特徴で頭上空間にあまり余裕がありません。

これにムーンルーフを装着するとさらに少し天井が低くなりますので頭上が窮屈になります。

またムーンルーフは装着しても多くの人がほとんど開けたりすることはありませんので、そもそもセダンであまり必要のない装備だと思います。

また価格は約10万円ですので結構高価な装備です。

タバコを吸う人はムーンルーフを装着して少し開けてタバコを吸う人が多いようですが、タバコを吸う人以外は全く必要ない装備だと思います。

オプション選択は後悔の無いように

オプションは購入時にしか付けられないものもあり、取捨選択に頭を悩ますところです。

カスタムパーツや内装オプションを充実させての魅力を引き立たせたいのは山々・・・とは言えいくらでも費用をかけるわけにもいかないですよね。そこで大切になってくるのが値引き額を把握することと愛車の下取り相場を調べて買い換え全体で損をしないことです。

この記事を見てくれた人には新車購入時に絶対損をしてほしくないので、どうやって騙されずに値引き交渉すればよいのか、次の記事でチェックしてみてください。

>>レクサスISの値引き相場は?評価、評判をチェック!

スポンサーリンク
<<お得に車を買い替えたい方は必見!>>

車の買い替えに焦りは禁物です。
ディーラーに下取りに出すつもりでも
愛車の査定相場を知らずに交渉すると
安く買いたたかれて大損をしてしまうかも…。

【ディーラー下取り額<車査定の金額】
になることが多いのも今では常識です。
管理人おすすめのネット一括査定カービューで愛車の査定額をチェックしてから値引き交渉に臨みましょう!

カービュー公式サイトはこちら