クルドラ

CX-8のおすすめグレードを比較して検証!後悔しないために選んでおきたいのは?

CX-8を買うことは決めていても、どのグレードにするかは迷ってしまうもの。

そこでこのページではどのグレードが一番あなたにピッタリなのか、それぞれの特徴を解説しながら見ていきたいと思います。

関連記事:>>CX-8 値引き

>>CX-8 おすすめオプション

XDの特徴

XDはCX-8の廉価モデルですので豪華な装備は装着されていません。

まず安全装備で省かれているのが、レーダークルーズコントロールです。

これは前方の車に追随して車間距離を一定に保ちながら作動するクルーズコントロールで、最近の高級車の多くが標準で装備しています。

その他にはフロントガラスにナビの情報や制限速度を映し出すアクティブ・ドライビング・ディスプレイなどの安全装備がオプション設定になります。

これらのオプションはセットオプションで約12万円で装着することができます。

その他にはシートも布製のシートとなるほか、タイヤも17インチになり他のグレードに設定されている19インチはオプション設定になります。

XD PROACTIVEの特徴



XDPROACTIVE安全装備を充実させたモデルです。

レーダークルーズコントロールが標準で装備され、車線を逸脱しそうになるとドライバーに教えてくれるレーンキーピングアシストなど多くの高級車に装備されている安全装備が標準で装備されているのが特徴です。

スポンサーリンク

そのほかにはアダプティブ・LED・ヘッドライトが装備されています。これは前方の車に合わせてLEDの明るさを調節し視認性を高めるシステムです。

このシステムは高級車でもあまり多くは装備していません。

その他にはステアリングヒーターが標準で装備されており冬の寒い朝などには便利ですし、タイヤも19インチが装備されていますのでスタイリッシュなスタイルになっているのが特徴です。

XD L Package




XDLPackageはCX-8の最上級モデルですのでいろいろな豪華装備が装備されています。

まずは革シートでナッパレザーという高級な素材が使われていますので高級感が増しており、シートヒーターはフロントシートだけではなく2列目にも装備されていて大変豪華です。

この革シートはほかのグレードにはオプション設定できないので革シートが欲しい人はこのグレードを選ぶ必要があります。

その他にはルーフレールが標準で装備されていますのでルーフキャリアを装着するときには大変便利ですし、リアウインドウサンシェードが標準装備されています。

オプションはBOSEサウンドシステムや360ビューモニター、TVチューナーなどですべて装備しても16万円弱になります。

おすすめはどのグレードか

マツダCX-8は最近発売されたモデルですが、廉価モデルのXDの2WDで約320万円、4WDで約345万円となっています。

そしてXD PROACTIVEになると2WDで約355万円、4WDで約380万円、そして最上級モデルになると2WDで約400万円、4WDで約420万円となりますが、予算に余裕がある人なら最上級のLPackageがおススメだと思います。

というのもこのグレードは様々な装備が装着されている割には他のメーカーの車に比べると確実に安く設定されているからです。

革シートなどが着いた豪華仕様の割にはとても安いと思います。

またそれだけの余裕がないという人でも安全装備がきちんと装備されている中間グレードのPROACTIVEを購入するのがおススメだと思います。

スポンサーリンク
<<お得に車を買い替えたい方は必見!>>

車の買い替えに焦りは禁物です。
ディーラーに下取りに出すつもりでも
愛車の査定相場を知らずに交渉すると
安く買いたたかれて大損をしてしまうかも…。

【ディーラー下取り額<車査定の金額】
になることが多いのも今では常識です。
管理人おすすめのネット一括査定カービューで愛車の査定額をチェックしてから値引き交渉に臨みましょう!

カービュー公式サイトはこちら >>https://kaitori.carview.co.jp/