クルドラ

マツダ 新型CX-8最新情報まとめ【発売日・スペック・納期など】

マツダ 新型CX-8(CX8)がついに発表。発売日は2017年12月14日に決定

CX-8(CX8)は国内向けマツダ車の中ではサイズの最も大きなSUVで、価格などもアテンザを上まわりマツダの最上級車種となりました。

最大の特徴は3列シート


CX-8の最大の特徴は3列シートを準備した事です。このクラスのスポーツバンタイプの車には珍しい3列シートを準備したことにより、アクティブなユーザーに対する走行性能と一般ユーザーのファミリー志向をどちらも兼ね備えられたものと考えてよいと思います。

3列シートのすることによる居住性の悪さや、狭さは全く感じられず、シートにはリクライニングやヒーター、さらにはベンチシートも準備されているなど十分に居住性も兼ね備えられた車であると言えます。

家族や友人と大人数での遠出もしやすくするために、居住性を追求した結果であり、ユーザーも満足できるものと思います。

エクステリア・インテリア


最大の特徴と言えるのは、特別派手な様相ではなくあえて渋く、シンプルな内装で勝負しているインテリアです。

内装のシート部では黒、白、茶を基調としたレザー仕様を用意しており、どちらかというと落ち着いたラインナップ。

いずれを選択したとしてもシックな印象に長期にわたって飽きが来ないで楽しめる車だと思えます。

スポンサーリンク

また、シフトレバーや内装の細部に至ってもメッキ装飾が入っていたり、セカンドシートにもヒーターがついていたりインパネ部には本物の木を使ったパネルなんかもあり、満足感は高そうです。

内装に高級感を求めるユーザーも十分に満足させられるような準備がなされています。

ボディカラー

  • マシーングレープレミアムメタリック
  • ソウルレッドクリスタルメタリック
  • ディープクリスタルブルーマイカ
  • スノーフレークホワイトパールマイカ
  • ソニックシルバーメタリック
  • チタニウムフラッシュマイカ
  • ジェットブラックマイカ

の全7色が用意されています。

今回のCX-8のカラーバリエーションで最大の魅力はやはりソウルレッドクリスタルメタリックではないでしょうか?

特別塗装色となっており、約7万5千円程度の追加オプションではありますが、エクステリアやインテリアに対して十分な高級感を追求したうえで塗装色にこのクリスタルレッドを持ってくるのはなかなか無い組み合わせだと思います。

外観で視覚から感じられる車の印象と実際に乗って感じる印象でかなり感想が変わってくる、まさに大人の遊び心が満載の仕様となる事は請け合いだと思います。

個人的には少し料金を追加してもぜひともソウルレッドクリスタルメタリックを選択したいと思います。

居住性・快適性


3列シートである事もあり、このクラスの車では少し狭い印象かと感じる方も多いかと思います。

しかし、それは無用な心配であったと気づかされる事かと思います。

今回のCX-8ではすべてのシート仕様がアームレストもしくはベンチシート式となっております。

唯一シートの間空いているキャプテンシートタイプであっても、他の仕様とは違い空間となっているタイプになるので、居住性という意味では全く問題が無く広さ、快適さを感じることができます。

また、他の仕様についても十分にくつろぐ事のできる様に準備されたタイプである事は間違いないかと思います。

いずれのシートタイプを選択しても問題はないものと思います。

走行性能・エンジン性能は?

このタイプの車に不可欠な2WDと4WDのラインナップが揃えられています。

またエンジンにはマツダが最も得意とするクリーンディーゼル仕様と、スカイアクティブ仕様を用意しています。

3種類あるグレードのうちすべてで4WD仕様を準備している事からも、今回のCX-8は4WDを押しているとみていいと思います。

燃費に対してもこのタイプにしてはかなり優秀で市街地モードでもメーカー公表値で12.0㎞/Lを超えているとのことで4WDに力をいれてアクティブなユーザーを意識しながらも普段の街乗りで使用する一般向けにも目を向けている車であることが見て取れる数値が出ているのだと思います。

スポンサーリンク

しかし発売時のエンジンラインナップはディーゼルのみの設定で、ガソリンエンジンの設定がありません。

街乗りで普段使いをして、あまり距離を乗らない場合は不向きかもしれません。

関連記事:>>ディーゼルエンジンの燃費、維持費、デメリット

>>ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの違い。臭くないのか?

安全装備


安全装備もかなり充実しており、自動ブレーキはもちろん、ヒヤリを感じさせないための先進安全技術「i-ACTIVSENSE」も取り入れられています。

さらにはオプションとして360°ビューモニターも準備しており、最近の運転に対する安全志向を十分に兼ね備えられているものと思います。

またその安全性能は国の定める安全性能基準であるセーフティサポートカーSのワイドに該当する仕様を全車に標準装備として設けているとの事ですので、全く問題なく安全性能としては実現されているものと思います。

コクピット部の運転手に対する疲労軽減設計等も考えられており快適に運転ができるものと考えられます。

ライバル車種は?

ライバルとなる車種は外観からすると、日産のムラーノやトヨタのハリアーのようなクラスではないでしょうか?

しかし、今回はCX-8は3列目のシートを搭載したことにより、これらの2種とニーズが異なってくると思います。

今回のCX-8では、スポーツ性能を求めるユーザーと街乗りを求めるユーザーさらには大家族や友人と大人数で移動したいユーザーすべてがターゲットとなっており、ライバル車種は多数にわたってしまうものと言え、人気が出ることは必至です。

納期はどれくらい?

今のところ納期に関する特別な情報は公式サイトにも出ていませんが、通常より長めの納期で見ておいた方が人気が出そうな車種ですのでより良いかと思います。

ミニバンユーザーの受け皿になれるのか?

間違いなくミニバンユーザーの受け皿にはなってくると思います。

しかし、今回のCX-8では、スポーツ性能を求めるユーザーと街乗りを求めるユーザーさらには大家族や友人と大人数で移動したいユーザーすべてがターゲットとなっておりますので、ミニバンユーザーだけでなくかなり広範囲でのユーザーの受け皿になる事が期待されます。

マツダとしても、準備している内装や安全性能、燃費にいたる部分から見てもかなり期待しているのではないでしょうか?

当然のことながらここまで幅広いユーザーへの気遣いがなされていますので人気車種になる予想がされます。

今後、車の購入を考える方はまず一考する価値があると思います。

燃費

新型CX-8のカタログ燃費は4WDで17.0km/L、2WDで17.6km/Lです。

現行のマツダ CX-5のJC08モード燃費が4WDで17.2〜17.6km/L、2WDで18.0km/L、実燃費で約13〜15km/Lですのでそこまで差はありません。

新型CX-8のパワートレインは、CX-5と同じ2.2Lクリーンディーゼルエンジンと6速ATで、CX-5より全長が長い3列シートで車両重量が増えたことを考慮すると上出来と言えます。

関連記事:>>CX-8値引き相場レポート
>>CX-8おすすめオプション
>>CX-8実燃費レポート

cx-8を安く買うには下取り車を高く売ることがカギ


cx-8の新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「かんたん車査定ガイド」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽かんたん車査定ガイド公式サイトはコチラ▽

スポンサーリンク