クルドラ

デミオのおすすめグレードを比較して検証!後悔しないために選んでおきたいのは?

デミオを買うことは決めていても、どのグレードにするかは迷ってしまうもの。

そこでこのページではどのグレードが一番あなたにピッタリなのか、それぞれの特徴を解説しながら見ていきたいと思います。

関連記事:>>デミオ 値引き

     >>デミオ おすすめオプション

XDの特徴



XDグレードはデミオのディーゼルエンジン搭載車では最も低価格なグレードです。

予防安全装備はATの後退時誤発進抑制制御、マツダレーダークルーズコントロール、ドライバーアテンションアラートは装備されません。アダプティブLEDヘッドライト、車線逸脱警報システム、アドバンストキーレスエントリーシステムがオプション設定となっています。減速エネルギー回生システムのi-ELOOPも非装備です。

室内は上級グレードではメッキパーツとなっている部分が塗装になっていたりメッキパーツが簡略化されています。

XD Touringの特徴


XDTouringグレードはデミオのディーゼルエンジン搭載車では中間的な立ち位置となります。

予防安全装備はATの後退時誤発進抑制制御、マツダレーダークルーズコントロール、ドライバーアテンションアラートはセットオプション装備が可能です。アダプティブLEDヘッドライト、車線逸脱警報システム、アドバンストキーレスエントリーシステムがオプション設定となっています。

減速エネルギー回生システムのi-ELOOPもオプションです。室内はメッキによる装飾も施されるようになります。

XD Tailored Brownの特徴



XDTouringTailoredBrownグレードはデミオのディーゼルエンジン搭載車では中間的な立ち位置となります。XDTouringと同等の装備ですがシート表皮にグランリュクス/クロスを使用したグレードで、シートカラーはブラウンとなることが特徴です。

予防安全装備はATの後退時誤発進抑制制御、マツダレーダークルーズコントロール、ドライバーアテンションアラートはセットオプション装備が可能です。アダプティブLEDヘッドライト、車線逸脱警報システム、アドバンストキーレスエントリーシステムがオプション設定となっています。

減速エネルギー回生システムのi-ELOOPもオプションです。室内はメッキによる装飾も施されるようになります。

XD Touring L Packageの特徴



XDTouringLPackageグレードはデミオのディーゼルエンジン搭載車では最上級の立ち位置となります。

XDTouringと同等の装備ですがシートはレザーシートとなり、ブラック/ディープレッドとホワイト/ブラックの二色の設定があり、ドアトリムなども合わせたカラーとなります。

予防安全装備はATの後退時誤発進抑制制御、マツダレーダークルーズコントロール、ドライバーアテンションアラートはセットオプション装備が可能です。

アダプティブLEDヘッドライト、車線逸脱警報システム、アドバンストキーレスエントリーシステムがオプション設定となっています。

減速エネルギー回生システムのi-ELOOPもオプションです。室内はメッキによる装飾も施されるようになります。

13Cの特徴



13Cはデミオのガソリン車で最も低価格でシリーズで最も低価格なモデルとなっています。

スポンサーリンク

カーテン&サイドエアバッグは他グレードでは標準ですがこちらはオプションとなります。予防安全装備のスマート・シティ・ブレーキ・サポート、マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール、誤発進抑制機能などは装備できません。

ヘッドランプはハロゲンヘッドランプとなります。メーター類はタコメーター、アクティブ・ドライビング・ディスプレイが装備されず、メーターパネルにメッキなどはあまり使われません。色はソウルレッドプレミアムメタリックが選べない唯一のグレードです。

13Sの特徴



13Sグレードはデミオのガソリンエンジン搭載車では中間的な立ち位置となります。

予防安全装備のスマート・シティ・ブレーキ・サポートと前進時AT誤発進抑制制御が装備されます。マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール、誤発進抑制機能などは装備できません。

アダプティブLEDヘッドライト、車線逸脱警報システム、アドバンストキーレスエントリーシステムがオプション設定となっています。

室内は上級グレードではメッキパーツとなっている部分が塗装になっていたりメッキパーツが簡略化されています。

13S Touringの特徴



13STouringグレードはデミオのガソリンエンジン搭載車の上位グレードとなります。

予防安全装備はATの後退時誤発進抑制制御、マツダレーダークルーズコントロール、ドライバーアテンションアラートはセットオプション装備が可能です。

アダプティブLEDヘッドライト、車線逸脱警報システム、アドバンストキーレスエントリーシステムがオプション設定となっています。

室内はメッキによる装飾も施されるようになり、外観はグリルの装飾部分にピアノブラック塗装が施されます。15インチアルミホイールも装備されます。

13S Tailored Brownの特徴



13STailoredBrownグレードはデミオのガソリンエンジン搭載車の上位グレードとなります。

13STouringと同等の装備ですがシート表皮にグランリュクス/クロスを使用したグレードで、シートカラーはブラウンとなることが特徴です。

予防安全装備はATの後退時誤発進抑制制御、マツダレーダークルーズコントロール、ドライバーアテンションアラートはセットオプション装備が可能です。アダプティブLEDヘッドライト、車線逸脱警報システム、アドバンストキーレスエントリーシステムがオプション設定となっています。

室内はメッキによる装飾も施されるようになり、外観はグリルの装飾部分にピアノブラック塗装が施されます。15インチアルミホイールも装備されます。

13S Touring L Packageの特徴


13STouringLPackageグレードはデミオのディーゼルエンジン搭載車では最上級の立ち位置となります。
13STouringと同等の装備ですがシートはレザーシートとなり、ブラック/ディープレッドとホワイト/ブラックの二色の設定があり、ドアトリムなども合わせたカラーとなります。

予防安全装備はATの後退時誤発進抑制制御、マツダレーダークルーズコントロール、ドライバーアテンションアラートはセットオプション装備が可能です。

アダプティブLEDヘッドライト、車線逸脱警報システム、アドバンストキーレスエントリーシステムがオプション設定となっています。

室内はメッキによる装飾も施されるようになります。15インチアルミホイールも装備されます。

おすすめはどのグレードか

ディーゼルであればXDTouring以上のグレードがおすすめで、安全装備などもオプション設定が充実しています。

シートにこだわりがあればTailoredBrown、LPackageを選択肢に入れるのもいいでしょう。ガソリン車も13STouring以上が安全装備などの点ではおすすめとなります。
シート以外は同等ですが、シートにこだわりがあればTailoredBrown、LPackageを選択肢に入れるのもいいでしょう。

13Sは最低限の予防安全装備はそなえていますが、13Cは最も低価格な反面、予防安全装備が設定されていないこととボディカラーのソウルレッドプレミアムメタリックが設定されていないことに注意が必要です。

スポンサーリンク
<<お得に車を買い替えたい方は必見!>>

車の買い替えに焦りは禁物です。
ディーラーに下取りに出すつもりでも
愛車の査定相場を知らずに交渉すると
何十万も安く買いたたかれて大損をしてしまうかも…。

管理人おすすめのかんたん車査定ガイドで愛車の最高額をチェックしてから値引き交渉に臨みましょう!

かんたん車査定ガイド公式サイトはこちら >>http://a-satei.com/