クルドラ

アクセラスポーツのおすすめグレードを比較して検証!後悔しないために選んでおきたいのは?

アクセラスポーツには細かく分けると8種類のグレードがあり、どれがいいのか迷ってしまうと思います。
そこでこの記事ではそれぞれのグレードの特徴を細かく取り上げて、他のグレードとも比較しつつおすすめのグレードをご紹介したいと思います。

関連記事:>>新型アクセラ/スポーツの値引き相場は?評価、評判をチェック!
>>アクセラ おすすめオプション

22XD L Packageの特徴




22XD L Packageはアクセラスポーツの最上級グレードで、シリーズとして唯一サンルーフが標準装備されていることも特徴です。インパネの装飾はメッキパーツを使用した豪華なものとなっています。

運転席は10ウェイパワーシートとなっていてシートヒーターも標準装備されています。ドアミラーはオート格納式となるなど装備が充実しています。

アドバンスド・スマート・シティ・ブレーキ・サポートなど予防安全装備も標準装備で、リアパーキングセンサーやレーダークルーズコントロールも装備されます。
ホイールは18インチのものが装備されます。

22XD PROACTIVEの特徴



22XD PROACTIVEはアクセラスポーツの上級グレードです。インパネの装飾はメッキパーツを使用した豪華なものとなっています。

ドアミラーのオート格納機能はショップオプションとなります。運転席は10ウェイパワーシートはオプションとなっていて、シートヒーターもオプション設定されています。

アドバンスド・スマート・シティ・ブレーキ・サポートなど予防安全装備も標準装備で、リアパーキングセンサーやレーダークルーズコントロールも装備されます。ホイールは18インチのものが装備されます。

15XD L Packageの特徴



15XD L Packageはアクセラスポーツ1.5ディーゼルの上級グレードです。インパネの装飾はメッキパーツを使用した豪華なものとなっています。

運転席は10ウェイパワーシートとなっていてシートヒーターも標準装備されています。ドアミラーはオート格納式となるなど装備が充実しています。

アドバンスド・スマート・シティ・ブレーキ・サポートなど予防安全装備も標準装備で、リアパーキングセンサーやレーダークルーズコントロールも装備されます。
ホイールは18インチのものが装備されます。

15XD PROACTIVEの特徴


15XD PROACTIVEはアクセラスポーツ1.5ディーゼルの中間グレードです。エンジンとホイール以外は22XD PROACTIVEとほぼ装備が同じです。インパネの装飾はメッキパーツを使用した豪華なものとなっています。

ドアミラーのオート格納機能はショップオプションとなります。運転席は10ウェイパワーシートはオプションとなっていて、シートヒーターもオプション設定されています。

アドバンスド・スマート・シティ・ブレーキ・サポートなど予防安全装備も標準装備で、リアパーキングセンサーやレーダークルーズコントロールも装備されます。アルミホイールは16インチのものが装備され、18インチはオプションで装備可能です。

スポンサーリンク

15XDの特徴



15XDはアクセラスポーツ1.5ディーゼルの最低価格のグレードです。ドアミラーのオート格納機能はショップオプションとなります。

運転席はシートリフターが装備されますが、10ウェイパワーシート、シートヒーターは装備不可能です。

アドバンスド・スマート・シティ・ブレーキ・サポートなど予防安全装備も装備され、リアパーキングセンサーやレーダークルーズコントロールはオプションで装備されます。(クルーズコントロールは標準装備です。)

アルミホイールは16インチのものが装備されます。

15S PROACTIVEの特徴



15S PROACTIVEはアクセラスポーツ1.5ガソリンの上位グレードです。エンジン以外は15XD PROACTIVEとほぼ装備が同じです。インパネの装飾はメッキパーツを使用した豪華なものとなっています。

ドアミラーのオート格納機能はショップオプションとなります。運転席は10ウェイパワーシートはオプションとなっていて、シートヒーターもオプション設定されています。

アドバンスド・スマート・シティ・ブレーキ・サポートなど予防安全装備も標準装備で、リアパーキングセンサーやレーダークルーズコントロールも装備されます。アルミホイールは16インチのものが装備され、18インチはオプションで装備可能です。

15Cの特徴



15Cはアクセラスポーツ1.5ガソリンの最低価格グレードです。オートライトシステム、LEDヘッドライトは装備不可能です。ヘッドライトデザインが上位グレードとやや異なっていることも特徴です。

ドアミラーのオート格納機能はショップオプションとなります。運転席はシートリフターが装備されますが、10ウェイパワーシート、シートヒーターは装備不可能です。

アドバンスド・スマート・シティ・ブレーキ・サポートなど予防安全装備が設定されません。ホイールは16インチスチールホイールが装備されます。

15Sの特徴



15Sはアクセラスポーツ1.5ガソリンの低価格グレードです。オートライトシステムはオプションとなります。ドアミラーのオート格納機能やLEDヘッドライトはオプションとなります。

運転席はシートリフターが装備されますが、10ウェイパワーシート、シートヒーターは装備不可能です。

アドバンスド・スマート・シティ・ブレーキ・サポートなど予防安全装備も装備され、リアパーキングセンサーやレーダークルーズコントロールはオプションで装備されます。(クルーズコントロールはオプションです。)

ホイールは16インチアルミホイールが装備されます。

おすすめはどのグレードか

ディーゼルであれば15XD L Packageが装備が充実している点でおすすめです。

2.2リッターでは22XD PROACTIVEで十分とも言えます。22XD L Packageは装備が充実していますがサンルーフが必要か、価格差などに見合っているかなどの部分で好みによるところが大きいでしょう。

上級グレードになるほど装備は充実していきますが、比較的低価格のガソリン車15Sやディーゼル車XDも装備的にはある程度充実しているのでおすすめです。

最低価格グレード15Cは予防安全装備が装備できず、あまりおすすめできません。

アクセラスポーツを安く買うには下取り車を高く売ることがカギ


アクセラスポーツの新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「かんたん車査定ガイド」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽かんたん車査定ガイド公式サイトはコチラ▽

スポンサーリンク