クルドラ

「ビアンテ」の値引き相場は?評価、評判をチェック!

biante00

ミニバンとは思えない安定感

ビアンテは3ナンバーサイズのミニバンで、ライバルはトヨタのノアや日産のセレナ、ホンダのステップワゴンなどの5ナンバーがメインのミニバンとなる独特の立ち位置の車です。

2.0リッターエンジンに6速ATを搭載しており、前輪駆動車と四輪駆動車の設定があります。

デザインはかなり意欲的で、ヘッドライト後端からドアまでガラス部品でつながっているような見えるデザインを採用しています。フロントデザインは二種類あり、標準モデルと大型グリルを搭載した「グランツ」が設定されています。

評判、評価は?

ビアンテに対する評価サイトでのレビューはエクステリア、走行性能、乗り心地に対する順に評価が高く、5点満点中4点を超えています。

一方インテリアと燃費の評価はあまり高くないようで5点中3点台中盤止まりです。

走行性能と乗り心地自体の評価がよいため、インテリアさえ気に入ればかなり良い車として考えられるでしょう。
ただしインテリアにおいて収納スペースはあまり高評価を得ていないようです。

カーナビは一般のものが搭載可能ということでマツダコネクトに関するネガティブな評価はビアンテには含まれません。
biante01

値引きの相場は?

値引き額の限界をチェックしておくことはとても大切です。
もし、知らないで買ってしまうとかなりの金額を損することにもなりかねません・・・

ビアンテの値引き相場は40万円から50万円程です。

車体価格が234万円からとなっており、ミニバンとしては安い価格設定となっています。
ですので、40万円以上の値引きが実現されれば非常に大きいです。

交渉ではライバル車種でもある日産セレナを引き合いに出すと良いでしょう。

日産は値引き幅が大きく、セレナの値引き相場も40万から50万円と言われているので、平等に比較することができます。
セレナは車体価格が少し高めとなっているので、そこを考慮してもらえば少し値引き額が上がるかもしれません。

ディーラーで下取りすると安く買いたたかれることが多い!


ディーラーイメージ
新しく車を買うときにはその販売店で今の愛車を下取りに出すことが一般的です。購入と売却をワンセットで行えるので手間もかからずにお得な気もしますが・・・

管理人
実はディーラー査定は安いことが多いってご存知でしたか?

理由は簡単。競合がいないからです。

なのでこの下取りで損をしている人がめちゃくちゃ多いんです。


営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です


管理人
と言われてもその金額が妥当なのか、安いのかプロでもないのにわかりませんよね。


しかし営業マンに言われるがままでは損をしてしまうことも…

下取り額を大幅にアップさせる方法


査定額イメージ図
同じ車でもどこに売るかで査定額は変わります。

下取りに出すときに損をすることなく、むしろ下取り額アップに成功した人に話を聞くとある共通点がありました!

答えは簡単です。複数の車買取店を競合させて愛車の買い取り相場を知っておく。

そうすればその査定額をディーラーにバシッと言うだけであっさり下取り額がアップします。

営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です(この金額で収まれば何十万と儲かるな)


あなた
他の買取店で90万円の査定をしてもらってます。これが見積書です。


営業マン
汗汗。では下取り100万でいかがでしょうか?


あなた
OKです。よし!やった!


これはうまくはまったパターンですが、もしダメでもその時は買取店で売ればいいだけの話なのであなたに損は全くありません。

しかし一軒一軒買取店を回るのは手間も時間もかかりすぎます。

そんなときに便利なのが一括査定サイト。複数の買取業者に出張査定してもらえるサービスです。

管理人
管理人がリサーチした結果、圧倒的に利用者が多かったのはかんたん車査定ガイド(無料)です


かんたん車査定ガイドが選ばれている理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・最大10社の買取店から最高査定額を選べる
・東証一部上場企業グループが運営
・電話がかかってくるのが面倒な人はメールだけで対応可能

↓かんたん車査定ガイド公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
管理人
無料の一括査定サービスを知らなかったがために、下取りで安く買いたたかれて 「あのとき買い取り査定しておけば・・・」 と後悔している人は多いです。 やったもん勝ちで、100%損をすることのないサービスですのでぜひ活用してください

コスパで選ぶならどのグレード、オプション?

コスパ重視で選ぶのであれば、ビアンテシリーズには最新の予防安全システムが搭載されている車でもないという観点から、最も低価格の 20C-SKYACTIVでも良い選択と言えるでしょう。

燃費や、両側電動スライドドアの装備、フロントシートやセカンドシートのスライド機能など根本的な機能は上位グレードと変わらない点が大きく、外見面でのスポーティフロントグリルやリヤスポイラーやインテリアの本革巻ステアリングや本革巻シフトノブなどが省略されているために安くなっているためコスパが良いといえます。

ただし、アドバンスドキーレスエントリーはオプション、フォグランプはショップオプションとなっています。

スポンサーリンク

リセールを考えて選ぶならどのグレード、オプション?

マツダビアンテを購入する際にリセールを考えた場合、フロントデザインが新たに変更されて追加されたグレードのGRANZ-SKYACTIVがデザインの年式などから有利と言えるでしょう。

最上級グレードであるだけに装備も充実していますが、燃費は下位グレードと同等となっています。

オプションはSRSサイドエアバッグや3列シートすべてのカーテンエアバッグとサイドエアバッグがリセールの期待できるオプションと言えるでしょう。

カーナビはアクセラなどに搭載されるタイプのマツダコネクトではなく通常のカーナビが搭載可能ですので、タイプによってはリセール価値が高まることも見込めます。

どんな人向けの車か?

ビアンテは3ナンバーサイズの8人乗りミニバンで780mmもの開口幅を持っている自動スライドドアと413mmミリの高さのステップを装備しているため、小さなお子様のいる家族や、お年寄りのいる家族などにも向いている車です。スライドドアの特性から、送迎などに使う場合にも優位です。

荷室が広く使えますが、三列シートということもあり一人暮らしの方が乗るスタイルの車ではないかもしれません。
高齢者の方や身体の不自由な方々の乗り降りがしやすい助手席リフトアップシート車も用意されています。

安全装備は?

biante06
制御系安全装備は横滑り防止機構のDSCと空転を防止するトラクションコントロール、坂道でのスムーズな発進をサポートするヒル・ローンチ・アシストが装備されており、夜間・雨天で威力を発揮するオートライトシステムとレインセンサーワイパーも装備されます。

衝突安全装備にはカーテンエアバッグとフロントサイドエアバッグを、2・3列目にカーテンエアバッグ、頸部衝撃緩和フロントシートなどが装備されます。

エマージェンシーブレーキや車線維持装置などの先進予防安全装備は設定されていません。

収納スペースは?

biante07
2名乗車時にはセカンドシートのスライドとサードシートの折りたたみスライドで奥行き1009mmの荷室が用意できます。
サードシートをたたむことでセンターラゲッジモードと呼ばれる、5人乗車が可能でテールゲートを開けずに荷物を積むことができるモードになります。

セカンドシート、サードシートの各シートの片側のみのスライドや格納で様々な収納スペースが用意できます。
シートの下にスキー板などを収納するスペースも有り、荷物固定に便利なフレキシブルフックの装備も設定されています。

居住性・快適性は?

ビアンテはインパネシフトを採用しているため、運転席のウォークスルーが可能で、セカンドシートは横方向にスライドできるため、電動のスライドドアと合わせて乗り降りがしやすくなっています。

また、フロントシートにもアームレストが採用されており、各シートにはボトルホルダーやフックなどが装備されており居住性が高められています。

セカンドシート、サードシートのリクライニングが可能で、フルフラット化も可能です。
テレスコピックステアリングなどドライビングポジションに配慮した装備もあります。

走行性能・エンジン性能は?

biante08
SKYACTIV-G 2.0エンジンに6速ATを搭載しており、FF車は151馬力を発生して燃費は14.8km/lを達成しています。

馬力はこのクラスでは平均的なものですが、i-stopというアイドリングストップシステムやインテリジェントドライブマスターという燃費向上と優しい運転をアシストするシステムなどを搭載して低燃費走行がしやすくなっています。

一方4WD車は144馬力でやや馬力が落ち、アイドリングストップなどの先進装備はなく燃費も9.4km/lにとどまっています。

優れているところは

6速ATを搭載していることは他のメーカーの同クラスのミニバンにはない点で、CVTを敬遠した場合の現行生産のミニバンではほぼ唯一の選択肢となるでしょう。

また、3ナンバーボディであるため、室内幅1545mm、3人がけのサードシートの幅が1260mmとなっており、ステップワゴンの室内幅1500mmサードシート1170mmと比べても優位な数値となっています。

マツダ車でもここまでのものはこのビアンテにしかないヘッドライト周りやリアランプなどのインパクトあるデザインも優れている部分と言えます。
biante05

物足りないところは

アイドリングストップやスカイアクティブテクノロジーを搭載しているものの、年式がやや古いこともあり、燃費が14.8km/lと他メーカーの同クラスミニバンに劣っているところは物足りない部分です。

さらに4WD車はエンジンが異なり、スカイアクティブテクノロジーは搭載されず、4速ATであることなどもあり、9.4km/lと、ミニバンとしても非常に悪い部類の燃費となっています。

またモデルチェンジの噂がなく、この代限りで消滅するという話が出ていることも車としては物足りない面といえるでしょう。

ライバル車種は?

競合車種とどちらを買うか決めかねていることにすれば、さらなる値引きが引き出せます!
ライバル車をチェックしておきましょう!

ビアンテのライバル車種は、日産セレナです。セレナは全幅が1695mmで5ナンバー車にあたります。
一方ビアンテは全幅177mmと3ナンバーで大きいサイズです。

全幅が広いことで、室内はセレナよりもビアンテの方が広く、圧迫感なく運転することができます。

また、外装もセレナは落ち着きのあるデザインとなっているので、落ち着いた世代に評価の高い車種となっています。

一方ビアンテは外装が特徴的となっているので、ミニバンは家族持ちの方が多く乗られていますがビアンテは家族の有無に関係なく評価されています。

実燃費は?

44% 120-0.3-0 ŠÈƒJƒ^ 24% 120-0.3-0
ビアンテのカタログ燃費は14.8km/Lとなっています。
他社のミニバンと比べると少し劣っているように感じますが、実燃費では街乗りで7km/Lから8km/Lとなり、高速道路では11km/Lから12km/Lです。

これはあくまで平均値となるので、これより高い数値を残している方も大勢います。
また、この数値では他社のミニバンと大差はないので燃費では、他社に劣っていません。

マツダ車はコンパクトカーやワゴンタイプの車種が有名でありますが、ミニバンのビアンテも優秀な車種です。

ダサい?デザインや内装は?

biante03
ビアンテの内装は、高級車ではない為高級感はありません。
しかし、使用性にはとても長けた車種です。

シートアレンジも多彩で室内の広さは業界トップクラスとなっています。
収納スペースも多く完備されており、長距離ドライブにも非常に向いている車種です。

収納スペースの形は個性があるので、評価が分かれがちですが、他車より多く完備されていることで残評に繋がることはないです。
外装も個性のあるデザインとなっているので、他の人と嫌という方にはとても良い車です。
biante04

スポンサーリンク