クルドラ

フリード/フリード+で車中泊はできる?楽しむためのアイテムを調べてみた!

フリードは普段の使い勝手も良いコンパクトサイズなのに室内も広いので家族でドライブするのに便利。

もっと足を延ばして泊りがけの旅行もしてみたいけど、家族みんなでは宿泊費もバカになりません。

今流行りの車中泊なら出費も抑えながら遠くまで出かけられますよね。

室内が広いといっても大きなミニバンではないフリードで、果たして車中泊はできるのでしょうか。

そこで、フリード+も含めたフリードで車中泊が可能なのか、そのためにはどんなアイテムが必要なのかを調べてみました。

室内と荷室のサイズ

引用:https://news.honda.co.jp/searchimg/index.php?mode=search&lang=ja&page=1

コンパクトなボディサイズながらも、3列シートを可能にするフリードですが、車中泊を実現するだけのスペースはあるのでしょうか。

フリードの室内スペースは室内長3045mm、室内幅1.455mm、そして室内高1.275mmというサイズ。2列シートのフリード+では、同2.310mm/1.455mm/1.275mmとなります。

1〜3列目のシート間の距離を先代フリードより90mm拡大したこともあり、セカンドシート以降も車中泊に十分なスペースがあります。

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/utility/

荷室に限っても、フリードが開口部高さ1,110mm、最大幅は1,080mm。フリード+では最大幅は変わらず開口部高さが1,255mmと大きくなります。

フリードとフリード+でもっとも異なるが、地上からフロアまでの高さで、フリードでは480mmとこれでもかなり低くて、重いものの出し入れが楽なのですが、フリード+ではさらに低く、バックゲートがリアバンパーまでかけて開くことで、その高さは335mmとなります。

この使い勝手の良い大開口が加わることで、広い室内スペースを車中泊にも、自転車のような大きな荷物や大量の荷物を積むなど、様々な用途に使用することが可能となっています。

フルフラットになるのか?

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/utility/

フルフラットとは、シートアレンジにおいて、セカンドシート以降が平らになることですが、フリードの場合はサードシートがリアゲートにかかるためにフルフラットにはなりません。

しかし、セカンドシートのヘッドレストを外すことにより、セカンドシートはサードシートの座面とつながり、リクライニングしたサードシートも緩やかな傾斜になるので、車中泊の為のスペースが作り出せます。

また、フロントシートのヘッドレストを外してセカンドシートの座面とつなげることもできます。

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/utility/

また、フリード+では異なるシートアレンジとなります。

セカンドシートがダイブダウンし、シートバックと荷室フロアがフラットになり、さらにシートの背面に備え付けられているユーティリティボードを出すことで簡単に約1.950mmものフラットなスペースが出来上がります。

ですので車中泊空間としてはフリード+の方がフリードを上回ります。

何人くらいなら寝られるか?

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/utility/

では実際に何人が車中泊で寝れるのでしょうか。

フリードのシートアレンジでは、セカンドシートとサードシートを利用して大人なら2人、フロントシートをリクライニングして2人で、合計4人なら余裕。

フリード+ではフロントシートがリクライニング出来なくなるので、後部に出来る空間に大人2人とちょっと狭いですがお子さん1人なら何とか寝れそうです。

車中泊にはフリード+の方が向いていそうなのですが、しっかりとフラットな寝床を造る必要が必ずしもない車中泊においては、フリードが勝っており、現在フリードを所有するオーナーの方も安心できる結果となりました。

車中泊をした状態での荷物の置き場所

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/utility/

寝床を造った後の荷物の置き場は悩みの種です。フリードの場合も車内の隅におとめて置くか、枕代わりにするなどの工夫が必要となります。

しかし、フリード+の場合は超低床なフロアに用意されるユーリティーボードを利用することで、荷室の下部に収納スペースが出現します。

ここに多くの荷物を積み込むことで、車内のスペースを有効に使えます。

快適に車中泊するためにオススメのアイテム

車で寝泊まりする車中泊は、駐車場やトイレなどが完備されたパーキングエリアや道の駅をはじめとしたインフラの整備によって、ますます便利になりました。

チェックインやチェックアウトを気にする必要がなく、自由に行動できることや、駐車スペースにクルマを置くだけなので、宿泊費の節約にもなり経済性が非常に高いという利点が、今注目を集めている要因です。

でも、いざ寝ようとしても、そのままではうまくいきません。車中泊においてのの最大の問題点はその寝心地です。

シートアレンジによってフルフラットになるタイプでも、ベットと異なり、凹凸や隙間が出来たり、硬いフロアであったりします。

そこで、寝床をより快適にするアイテムを利用することで、その問題を解決することが重要になります。

自動膨張式キャンプマット 実勢価格4,980円(楽天)

引用:https://item.rakuten.co.jp/gorilla55/camping_mat5/

最近のアウトドア用マットの定番は、自動膨張式のエアマットです。その利点はワンタッチで膨らみ、好みの硬さに調整できることと、非常にコンパクトに収納できることです。

このBears Rock製の商品は、中にウレタンフォームが詰め込まれており、快適な寝心地となっています。

また幅65㎝なのでフリードなら2セット使用し、二つを連結することもできます。収納バックと取り外し可能な枕も付いているので、簡単に車中泊の準備ができます。

すきまクッション 実勢価格1,980円(楽天)

引用:https://item.rakuten.co.jp/colon-d/sukima/

フリードで気になるのは、セカンドシートをフルに倒すことでできるすきまや段差です。このままでは就寝できないので、荷物などを利用してすきまを埋める必要があります。

そこで利用したいのがそのすきまを上手に埋めるのが「すきまクッション」です。全部で5種類のサイズがあり、フリード用として、フロントシートとセカンドシートのサイズ設定があります。

スポンサーリンク

寝袋 実勢価格2,685円(楽天)

引用:https://item.rakuten.co.jp/pacific-eight/hasky-5-02/

登山やキャンプなどのアウトドア用品である寝袋ですが、最近では防災グッズとしても注目され、家族の人数分を揃えておきたいアイテムです。

車中泊においても、これ一つあれば寝床を造る手間をかけずにすぐ寝ることが出来、夏場などでは広げてマット代わりにすることもできるので、大変便利なアイテムなのです。

また、収納するとコンパクトになるので、常に車内に置いておいても邪魔になりません。寝袋はシーズンに合わせて様々なタイプがありますが、車内で使うので高度な防寒仕様を用意する必要はなく、体感温度マイナス5°~7°程度のもので十分でしょう。

ヒートテック毛布 実勢価格4,990円(ユニクロ)

引用:https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/411268-38-999-000?gclid=Cj0KCQiA2o_fBRC8ARIsAIOyQ-nsBd0kYcIQsqIMvRGaTxYLnwZqiYmF9tLNY5wU-fTsb0w1rbVI5OQaAharEALw_wcB&gclsrc=aw.ds

もっとも簡単なのが、毛布やブランケットなどの上掛けだけ用意することでしょう。車のシガーライターなどからの電気を利用する電気毛布のようなタイプもありますが、バッテリー上りが心配。

そこでユニクロのヒートテック毛布を活用しましょう。吸湿、発熱、保温機能を持つヒートテックを使用した200×140cmサイズの毛布で、睡眠をより快適にサポートしてくれる寝具ですが、車内に1枚あれば睡眠時だけでなく、休憩中のひざ掛けにも使えます。

まとめ

フリード+が車中泊にはもっとも向いていると思いますが、拡張性ということでは、3列シートを工夫して使えるフリードも十分に車中泊に利用できます。

それも、もともとある低床パッケージが、限られたスペースの中で驚くほど広い室内スペースを可能にしているからです。

さらに車中泊に便利な各種アイテムを揃えることで、フリードが快適な寝室に早変わりするのです。

車中泊に最適なフリードなら、今までよりさらに遠くまで出かけるだけでなく、星が出るまで、あるいは朝日が昇るまで車内で仮眠をとることもでき、これまで以上にカーライフが広がります。

 

この記事を読んでくださった方には新車購入で損をしてほしくないので、次の記事をチェックしてみてください。

⇒新型フリード/+の値引き相場レポート

フリードを安く買うには下取り車を高く売ることがカギ


フリードの新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「かんたん車査定ガイド」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽かんたん車査定ガイド公式サイトはコチラ▽

それでも・・・

あなた
ネットの一括査定って個人情報が洩れたり、めちゃめちゃ電話がかかってくるんじゃないの?それは嫌だな~
管理人
そんな不安をお持ちの方は「かんたん車査定ガイドって実際どう?キャンセルできる?管理人が実際に使ってみた」をご覧ください。きっと不安が解消します。
管理人
もし、あなたが個人情報をできるだけ開示したくないならユーカーパックがオススメです

ユーカーパックが人気の理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・連絡が来るのがユーカーパックのコールセンターからのみ
・査定は1回だけ。そのデータをもとに各業者が買取価格を提示

↓ユーカーパック公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
管理人
ユーカーパック?どういうサービス?なにが得なの?という方は「ユーカーパックが車一括査定よりも良いところはどこ?」をご覧ください

管理人
最高額を提示してくれる1社とだけ電話をしたいなら「車査定・買取の窓口見積もり(無料)」がオススメです。
今ならご成約者全員にamazonギフト券5000円分プレゼントと太っ腹!※過去1か月以内に一括査定サイトを利用していないことが条件
車査定・買取の窓口が選ばれている理由
・しつこい電話がない
・最高額の買取会社のみ紹介してくれる
・個人情報は1社にしか公開されない
・入力項目が10個以下とほかの一括査定と比べてかなり少ない

▽車査定・買取の窓口公式サイトはこちら▽
管理人
車査定・買取の窓口ってなに?大丈夫なの?と心配な方は「「車査定・買取の窓口」のメリット・デメリットを他のサービスと比較!」をご覧ください

スポンサーリンク

メニュー