クルドラ

【NEW】新型フリード/+の2018年4月の値引き相場レポート!購入者の口コミ、評判もご紹介します

女性も運転しやすいコンパクトミニバンとして人気の新型フリード。

そんなフリードの購入を考えている方が一番気になっているのが“どのくらい値引きが可能なのか”だと思います。

そこで今回は

  • ・フリードの値引きの相場・限界
  • ・値引き交渉のコツ
  • ・値引きにプラスして、できること

特にこの辺りの情報を包み隠さず紹介していこうと思います!

どうしてこんな普通はわからないようなリアルな情報を書けるかというとそれには理由があって…

実は管理人の友達がホンダの営業マンをしているのです。

なので最新の値引き情報上手なフリードの値引き交渉のやり方などの重要な情報が入ってきます。

営業マンが困る、値引き交渉のやり方】まで伝授しますので是非お読みください。

値引きの相場・限界は?

値引き額の限界をチェックしておくことはとても大切です。
もし、知らないで買ってしまうとかなりの金額を損することにもなりかねません・・・
2018年4月のフリードの値引き相場はズバリ車両本体 18万円
オプションを含む値引き21万円
※Modulo X(モデューロ エックス)も同額です。フリード+の値引き相場はズバリ車両本体 17万円
オプションを含む値引き21万円
が合格目標になります。
ちなみにこの目標金額は、情報誌グーネット、ベストカー、オートックワン、価格.com、みんカラ、管理人独自の聞き取りなどから値引き額の上位30%の平均で出しています。

なので平均点50点のテストで85点を取るイメージです。

もちろんグレードやオプションによっても差が出ますし、値引きが目標に届かない場合もありますので、その時は他のサービスをつけてもらうなどでがんばりましょう。

ライバル車種と競合させる

ライバル車種との競合で値引きを引き出すのにはシエンタソリオなどが効果的です。

これらの名前を出すことにより競争意識を煽り、値引きを引き出しましょう。

“どちらかというとメインで購入を検討しているはライバル車”と思わせられれば、気を変えるためにさらなる値引きを引き出せる場合もあります。

フリード同士を競合させる

さらにフリード同士を競合させることも効果的です。

フリードはホンダ店で扱われていて、ホンダカーズ○○の○○部分が少しでも違うところが別会社で別資本ですので、その複数店舗を回り、「他店ではここまで値引きしてくれたよ」ということを伝えれば値引きが大きくなることが期待できます。

基本的には隣の県まで足を伸ばせば必ず別会社になります。

また、いくつかのホンダ店を回ることで、中には販売ノルマに未達のディーラーや営業マンに遭遇するときもあります。

そのときは鼻血が出るくらいがんばって値引いてくれますのでかなりラッキーです。

オプション値引き

オプションからの値引きも本体車両からの値引きと同じことですので大切なポイントです。

ホンダはよくキャンペーンなどでオプションサービスなど行っていますが、そこで満足する事なく交渉を行って実質的な高額値引きに繋げましょう。

ホンダは基本的に車両本体値引きに渋いこともありますので、フリードのオプションではおおむね20%程度を目標に交渉しましょう。

また、契約直前だけに通用するやり方ですが、「このオプションをサービスで付けてくれたら契約するよ」と言えば、ちょっとしたオプションなら付けてもらえることもあります。

具体的には
・ドアバイザー
・荷室用ユーティリティボード
・センターテーブル
・シートバックアッパーポケット

などがねらい目です。

もちろんサービスしてもらうものなので、あまり贅沢は言わずに簡単に付けられるものを狙うのがポイントです。

また、ハンコを用意しておくなどして本気度をアピールしましょう

予算は伝えるべきか?

値引き交渉をするときに、“こちらの予算を伝えない”というやり方もありますが、営業マンもその道のプロです。

黙っていてもおおよその予算は見抜かれます。

ですのでオススメのやり方としては、これは営業マンにはもしかしたら嫌われてしまうかもしれないのですが、最初に少なめの予算を伝えて値引きを引き出しましょう。

「予算は○○万円なので、これ以上は出せない。でもこの予算内でオプションなどもサービスしてくれたら即決してもいい」

などと勝負を賭ける方法もあります。

ちょっとやり過ぎかな?と思うくらい無理めの予算を伝えてしまっても意外となんとかなることも多いです。

値引きのコツ

値引きは粘り強く交渉することが大事です。

フリードの場合、最初は7万円程度の値引きを提示されることが多く、それ以上を求めないと、できる値引きもしてくれないので結果的に損をすることになります。

ギリギリまで粘って交渉するようにしましょう。

下取り車は値引きに有利なのか?

“下取り車があったほうが値引きが大きくなる”

と思いがちですが、これは大いなる錯覚です。

ディーラーは、値引きと下取りの上乗せを合算して、多く値引きしたように見せかける

のが常套手段です。

「下取り車は無し」で商談を進めて、愛車の最大買取価格はネットの一括査定で把握しておきましょう。

下取り車がある場合は愛車の査定相場を知っておくことも鉄則!
これでディーラーに安く買いたたかれることもありません!
>>愛車の査定額をチェック

進化したコンパクトミニバン

新型フリードは、先代から受け継いだ5ナンバーで7人乗れるコンパクトミニバンというところに加え、予防安全システムのホンダセンシングを搭載できるところも大きな特徴です。

ハイブリッドの4WDで7人乗れるコンパクトという選択肢は2017年時点ではフリードしかありません。

また、新型フリードはフロントガラスが両端が上にさらに広がった独特な形状となっていて、視界をより広くとるように工夫がされています。

この点に関してはほかのホンダ車にもない特徴といえるでしょう。

評判、評価は?

shingatafreed09281
今回の新型フリードはマイナーチェンジで大きくは変わっていません。

しかし、燃費がミニバントップクラスの27.2となったことに加え、低排気量で税金も安く済むところもメリットの一つです。

また、走行性も5人以上乗せたとしても劣ることはなく、快適に走れるところも評価に繋がっています。

内装もノアやセレナよりは流石に狭いですが、天井が高い分十分な広さを感じます。

ホンダは内装のインテリアに力を入れており、男女ともに評価が高い車です。

コスパで選ぶならG、HYBRID G

フリードをコスパで選ぶのであっても、最低価格グレードであるB、ハイブリッド最低価格グレードのHYBRID Bでは予防安全装備のHonda SENSINGが装備不可能なためあまりおすすめできません。

G、HYBRID GはHonda SENSINGが装備されるタイプでは最低価格となりこちらがおすすめです。

Bグレードには装備されないフルオートエアコン、パワースライドドアやセンターテーブル、シートバックポケットが装備され、7人乗り対応のセカンドシートを選ぶことができるメリットもあります。

オプションとしては1列目シート用i-サイドエアバッグシステムとサイドカーテンエアバッグシステム、IRカットガラスの装備ができるCパッケージやカーナビを装備しても良いでしょう。

リセールを考えて選ぶならHYBRID EX、G Honda SENSING

フリードをリセールで考えた場合、ハイブリッドで6人乗りのみの設定となりますがHYBRID EXは視野にいれるべきでしょう。

スポンサーリンク

プライムスムースとファブリック表皮によるコンビシートと専用インテリアが採用されており、IRカットガラスや1列目シート用 i-サイドエアバッグシステムとサイドカーテンエアバッグシステムも標準装備されています。

15インチアルミホイールも標準装備されており、リセールの期待できるオプションとしてはカーナビ程度です。

ガソリン車でリセールの期待できるグレードはG Honda SENSINGとなります。

こちらはIRカットガラスやi-サイドエアバッグシステムとサイドカーテンエアバッグシステムがオプションとなります。

アルミホイールもオプションとなっています。

乗り心地

実際にフリードを購入した方の乗り心地の口コミをご紹介しますね。

30代男性
2列目までの乗り心地は快適なのですが、3列目の椅子がちょっと低いです

 

30代男性

3列目の座席の高さが1cm弱ほど違っていました。
購入したディーラーに聞いたところ、どの車も同じということでした。

特に不都合がないのでそのまま乗っていますが、気持ち良いものではないので少し違和感はあります。

40代男性
 静粛性と乗り心地は「ぼちぼち」でパワーは強くはない。段差で若干の突き上げがあるので少し硬めなのかなと。

安全装備は?

FREED01
雨や雪の日といった急ハンドルをした時などに起こる横滑りへの備えがついていて、ブレーキ時の車輪ロックを防ぐEBD付きABS、加速時などの車輪空間を抑えるTCSなどといった滑り抑制がついている為車の姿勢の安定化を図ってくれます。

あとは追突事故を減らすために、走行中に急ブレーキと判断すると、ブレーキランプの点灯に加えハザードランプを自動で高速点滅して後続車に注意を促してくれます。

しかしどちらも注意を促してくれるだけなので、安全性を過信しすぎないようにしましょう。

収納スペースは?

FREED02
「コンパクトカー」といっても車内は3列の座席があり、大人でも快適に座れる広々空間となっています。

2列目と3列目の座席を倒すと大人が寝転がれるほどの広さになり荷物がたくさんある時には倒した座席の上と下に収納ができるのでとても便利です。

そして、座席の倒し方によっては大人用の自転車をトランクからぶつけることなく楽々に入れられるほど広いスペースができます。

走行性能・エンジン性能は?

FREED04
力強い走りと燃費性能を高いレベルで両立していて多人数で乗ってもゆとりのある走りをしてくれます。

高速道路でもふらつきにくい操縦安定性と快適な乗り心地を両立しています。

そしてエンジン性能は低燃費なのにとてもパワフルな走りができます。

世界で2番目の量産型の燃料電池車となることから現在では非常に注目度が高いです。

なお、100km/h走行時のエンジン回転数は1750回転ととても低く抑えられています。

優れているところは

bc_wop
新型フリードは高い走行性が売りです。

1500ccと排気量は決して高くないですが、走行は快適にできると言うのが1番のメリットです。

また、燃費に関しては27を超えておりミニバンの中では平均でも15.6がいいところなので、かなり優秀な車であることがわかります。

それに加え、ファミリーカーでは、やはり値段は大事なところですが、ヴォクシーやビアンテよりも遥かに安く買うことができます。

物足りないところは

物足りないところは外見デザインが1種類しかないところです。

先代はフリードとフリードスパイクで二系統のデザインでしたが、今回のモデルチェンジによって統合されてしまいました。

また、フリードにもN-BOXにおけるカスタムやステップワゴンにおけるスパーダのような押しの強いデザインを採用したグレードがあってもいいのではないかとも思います。

内装なども思い切ってN-BOXスラッシュのようなバリエーションを持たせてみても面白いのではないかと思います。

とはいえ、Modulo Xバージョンの展示は行われたらしいので今後のマイナーチェンジにも期待ができます。

競合車種は?

sien
ホンダ新型フリードの競合車というと、燃費の数値が非常に近く、5ナンバーサイズで7人乗りができ、ハイブリッドの存在も含めてシエンタが最も競合関係にあるといっていいでしょう。

シエンタのハイブリッドに4WDはないためフリードハイブリッドの4WDは現時点で競合車はいないといっていいでしょう。

一方ソリオやルーミーなども五人乗りのフリード+ならば競合関係といえなくもないのですが、フリード+のほうがサイズが大きいため競合関係はシエンタとフリードの関係ほどではないかもしれません。

外国車ではルノーカングーが競合関係といえなくもないという立ち位置です。

実燃費は?

新型フリードの燃費はミニバンではトップクラスの27.2です。

トヨタのエスティマがハイブリッドですら18なのに対してかなり高水準であることがわかります。

実際に街乗りしても20前後と言ったところだと思いますので、ミニバンではあり得ない数値を残せています。

しかし、新型フリードは走りのレベルも高い水準を保っています。

排気量は低いのに、よく走る、またパワーが落ちないと言った事も高評判につながっているのだと思います。

ホンダ車の燃費は年々上がって来ているので、今後更なる向上も期待できます。

ダサい?デザインや内装は?

hurido

何かとライバル視される新型シエンタが、大きくデザインを変えてきたのに対して、キープコンセプトで外観も含めて大幅なイメチェンのなかった新型フリードですが、内装デザインなども「上質」をモットーにしているようです。

インパネに木目調を採用するオプションがあったり、初代のある種のそっけなさからは、かなり洗練された感じもあります。

もちろん、「ちょっとやんちゃっぽい格好良さ」を求める人には物足りないかもしれませんが、そこはやはり「家族みんなで」が基本の6・7人乗りミニバンなので、やや大人しめなのも当然といったところ。

そしてやはり何といっても他の車と比べての大きな特徴は、運転席や助手席から前方に広がる解放感でしょう。

まっすぐ切り落とした壁のようなインパネの車もありますが、フリードは前モデルから「ゆるやかに前方へ向かうテラスのような広がり」をデザインしているため、前方に圧迫感がまったくありません。

これはぜひ一度試乗して実感してみてほしいところです。

「新型フリード」のスペック

新型フリード スペック

[ハイブリッド仕様]

エンジン i-VTEC 水冷直列4気筒エンジン
最高出力 110ps(エンジン)
29.5ps(モーター)
最大トルク 134Nm(エンジン)
160Nm(モーター)
トランスミッション 7速AT
排気量 1496cc

[ガソリン仕様]

エンジン 水冷直列4気筒エンジン
最高出力 131ps
最大トルク 155Nm
トランスミッション 無段変速AT
排気量 1496cc
スポンサーリンク
<<お得に車を買い替えたい方は必見!>>

車の買い替えに焦りは禁物です。
ディーラーに下取りに出すつもりでも
愛車の査定相場を知らずに交渉すると
何十万も安く買いたたかれて大損をしてしまうかも…。

管理人おすすめのかんたん車査定ガイドで愛車の最高額をチェックしてから値引き交渉に臨みましょう!

かんたん車査定ガイド公式サイトはこちら >>http://a-satei.com/