クルドラ

【元ホンダ営業マンがシャトルのデメリットもズバッと解説!】購入を検討している方に知っておいてほしいこと

ホンダフィットシリーズでフィットシャトルの後継モデルであり、荷室に特化したモデルです。シャトルは今回の新型モデルで2代目です。

初代の頃からとても人気のある車であり、コンパクトカープラスで荷室が広いのがモチーフです。販売台数は上位に入る車です。

元々のコンセプトは運転がしやすく、荷物もつめて、5人乗れるのが特徴です。

ハイブリットシステムも初代フィットシャトルはパラレル方式のモーターとエンジンが一緒に稼動するタイプになってましたが、新しいシャトルは完全に独立したタイプになり、トヨタの方式に近づいて来ました。

新型モデル

今回、フルモデルチェンジを果たし、大きく変わったのは外観と安全装備です。外観はフォグランプ、バンパー、グリルのデザインがオデッセイに似ており、少しゴツいデザインになっています。

写真はHYBRID Z(FF)

オデッセイと同じく、精悍な作りになっており、スポーティーな部分は男性ウケしそうなデザインです。
中身は今まで弱点の安心パッケージが付きました。

安心パッケージはホンダが最初に取り入れた安全装備です。人には反応せず、時速30キロ以下でないと反応しません。そこは他社に劣っている部分です。

シャトルグレード

グレードの構成は大きくハイブリットとガソリンタイプで分かれます。
ハイブリットだと
HIBRID(スタンダード)
HIBRID Xパッケージ
HIBRID Zパッケージ

ガソリンタイプだと
Gタイプのみ

上記のグレード構成に分かれます。
基本はヴェゼルと同じグレード配分になっており、分かりやすくなっています。

メリットとデメリット

今回のモデルチェンジは意外にお客様の食いつきが良かったです。正直、ステップワゴンの方が注目されていましたが、外観のデザインがカッコよく、フィットシャトルの頃より人気は高いです。

また、ハイブリットの方式も変わりモーターが独立タイプです。楽しみにしていたユーザーの方は満足している方が多い印象です。

メリットとしては安全装備がある事と、荷室が広い事です。荷室は、2列目の席を前に倒せば、180センチのスペースができます。大人が寝られるくらいのスペースがあるので、ゴルフバックがゆったりと積める空間を確保しています。キャンプ用品なども積めるので、アウトドアにもぴったりな車になっています。

写真はHYBRID Z(FF)

実際に買うなら

私が買うならシャトルかプリウスで迷います。シャトルはマイナーチェンジを幾度と繰り返して完成度を上げてきたハイブリットシステムと安全装備の安心パッケージがありますが、注目されていたマイナーチェンジでホンダセンシングが搭載されませんでした。

グレイスに搭載予定があるので、今後期待は出来そうです。

対してプリウスはリチウムイオンとニッケル水素のバッテリーが選ぶ事ができ、燃費の面で優れている印象があります。

ただ、荷室はシャトルより、狭いのでユーザーもそこがネックになっています。また、購入コストする際の初期コストはプリウスの方が高いです。

フィールダーを考えてしまう方もいますが、フィールダーは外観のデザインが安っぽいです。トヨタの最近の作りで丸いデザインが多い中、それを嫌うユーザーも多いです。シャトルにホンダセンシングがあればシャトルに購入が傾きます。

ホンダセンシング


ホンダセンシングとは、フロントガラスに小型単眼カメラとフロントグリルのエンブレムにミリ波レーダーが付いており、人と物に対応した安全装備です。
今までは単眼カメラのみでしたので、視認性が狭く、反応がイマイチでした。

スポンサーリンク

また、クルーズコントロールで自動に速度減速をしてくれる機能と車線維持システム、路外逸脱防止装置、先行車両発進お知らせ機能も付いており、安全性に関しては充実してきました。

このホンダセンシングは完成度が高く、付けて損はないです。トヨタセーフティーより完成度は高いです。そのため、営業所内で話をしても、ホンダセンシングの出来は皆評価は大満足です。ユーザーからもクレームも少なく、充実した装備があります。

値引き

フルモデルチェンジの時に、営業決済で5万円、店長決済で8万限界でした。

しかし、何度か決算を乗り越えているので、グレードや装備にもよりますが、15万から18万はいけます。

私自身、ガソリンタイプで20万値引きをしたこともあります。

決算とメーカー支援が噛み合えば全然いける数字なので、値引きはしつこくいきましょう。

ホンダの場合、在庫をメーカーから仕入れを定期的に行うため、モータープールに多くの車が保管されています。その保管されている車は、簡単に言うと駐車料金みたいなのが掛かり、コストが掛かります。

そのため、本社側も在庫を売るように、販社に圧力をかけています。気を付けておきたいのは、展示車と在庫車の違いです。展示の場合は、車をお客様が実際に触ったり乗ったりします。

また、外に展示してあると、雨が降り、汚れも目立ちます。この展示車は整備しない限り、状態も悪く、よくバッテリー上がりなどを起こします。そこら辺はディーラーは隠したがるので、注意して下さい。

お買い得なグレード

ガソリンタイプはアルミの仕様がありません。そのため、内装の作りも少し寂しいところもあります。

フロントグリルのデザインも ハイブリットと違います。人気のグレードはハイブリットのXとZです。ルーフレールが必ず欲しい方とアルミに黒のデザインが欲しくない方はZをオススメします。

ただ、Zにすると価格が300近くになります。Xのグレードでも、内装の作りや、外観装備は悪くありません。
気にされる方だと、快適装備のシートヒーターとエアコンの部分です。Zグレードですと、左右で独立しているので、そこが1番の大きいポイントです。

気をつけておきたいナビ

シャトルのナビはディーラーオプションとメーカーオプションで分かれます。
地図更新の回数がメーカーナビは半年毎でメーカー一年に一回です。両方とも3年まであります。

一見メーカーナビの方が良いと思いがちですが、メーカーナビはとにかく使いづらいです。動作も遅く、イライラします。

写真はメーカーナビ

ディーラーだと動作も速く、デカナビも選べます。

しかし、査定の評価はメーカーナビの方が高いです。ここら辺はしっかり踏まえておいた方が良いです。

元々、ホンダのナビはユーザーから不人気です。結構、社外ナビをつける方が多いです。

ナビ装着用スペシャルパッケージを付ければ、社外ナビを取り付けできます。サイバーナビなど、こだわりがある方はこちらをオススメします。

まとめ

今回のフルモデルチェンジはホンダは成功と言っても大丈夫です。
前回のフィットシャトルが不人気で注目度は薄れていましたが、シャトルの出来栄えを考えれば結果オーライです。

リコール騒動を考えてしまう方もいますが、グレイスが販売されて以降のハイブリットシステムはまだリコールを出していません。

何度かマイナーチェンジを繰り返して来たおかげで完成度はだいぶ高くなりました。
リコールに関しては、新しいシステムを搭載すると、大体発生してしまいます。それはどのメーカーも同じです。

今回は、完成度の高いフルモデルチェンジだとは思うので、買って損はないです。

安心の面では、安心パッケージしか設定が無いのが、1番気掛かりです。

購入する方は今後のマイナーチェンジでホンダセンシングが搭載予定があるのか確認してから商談に挑んでください。

スポンサーリンク
<<お得に車を買い替えたい方は必見!>>

車の買い替えに焦りは禁物です。
ディーラーに下取りに出すつもりでも
愛車の査定相場を知らずに交渉すると
安く買いたたかれて大損をしてしまうかも…。

【ディーラー下取り額<車査定の金額】
になることが多いのも今では常識です。
管理人おすすめのネット一括査定カービューで愛車の査定額をチェックしてから値引き交渉に臨みましょう!

カービュー公式サイトはこちら >>https://kaitori.carview.co.jp/