クルドラ

フォルクスワーゲンポロのおすすめオプションはどれ?後悔しないために本当に必要なオプションを調べてみた

ポロを購入しようとするとき、どうしても悩んでしまうのがオプション選び。

付けすぎると予算をオーバーしてしまいますし、ケチりすぎるとあとでやっぱり付けておけばよかった…と後悔することも。。

管理人
実は管理人は車関係の仕事をしていますので、ポロに乗っている方とお話しする機会もあるのです。

そこで、実際のポロ購入者の「生の声」を元に

・必須のオプション
・できれば付けておきたいオプション
についてまとめました。

必須のオプション

SurroundEye(サラウンドアイ)

ポロはシリーズ通じてエマージェンシーブレーキなどの予防安全装備やエアバッグ灯の装備が充実しているのですが、左右のサイドカメラとフロント・リヤカメラからなる駐車アシストシステムのサラウンドアイはカメラによる外観の影響もほとんどなく、安全性も向上できるため必須のオプションと言えます。

 

アダプティブクルーズコントロール

CrossPoloのみに設定される装備ですが、全車速追従機能付のアダプティブクルーズコントロール”ACC” は高速道路での仕様を考えるのであれば必須装備といえるかもしれません。

ただし、Polo TSI Highline Meisterのみ標準装備となっています。

バイキセノンヘッドライト

同じくCrossPoloのみに設定される装備ですが、バイキセノンヘッドライト(オートハイトコントロール機能、LEDポジションランプ付)は安全性向上と同時装着されるヘッドライトウォッシャーがレジャー用途に強いCrossPoloの性格上必須装備です。

できればつけておきたいオプション

純正ナビゲーションシステム


Volkswagen純正ナビゲーションシステム“716SDCW”にはMP3やAAC再生、Wi-Fiスマホリンク再生、AM/FMラジオ、ワイドFM対応、地デジTV受信、iPod接続対応、Bluetoothオーディオ/ハンズフリーフォン、スマホ接続対応など大変多機能となっており、装備可能なグレードはCrossPoloとPolo BlueGTに限られ、その上のグレードでは標準装備となっていますが、純正のカーナビというメリットもあり、できれば装備したいオプションと言えるでしょう。

スポンサーリンク

Volkswagen Car-Net

 

モバイルオンラインサービスVolkswagen Car-Netも同じくCrossPoloとPolo BlueGTに限られめ装備ですがスマートフォンと車の連携が強化でき利便性の面では装備したいオプションです。

この装備にはオーディオ入力端子とメーター照度調整機能などがセット装備されますが、単独装備は不可能です。
インテリア装備でカラーセンターパネルセットやカラーエアコンダクトパネルが用意されています。

実用車イメージの強いポロですが、室内に個性を出したいときには装備したいオプションです。
ミラーなどにもカラーのカバーが用意されています。

オプション選択は後悔の無いように

オプションは購入時にしか付けられないものもあり、取捨選択に頭を悩ますところです。

カスタムパーツや内装オプションを充実させての魅力を引き立たせたいのは山々・・・とはいえ何でも好きなだけ付けられるというわけではありませんよね。そこで大切になってくるのが

値引き額を把握すること
愛車の下取り相場を調べて買い換え全体で損をしないこと

です。

この記事を見てくれた人には新車購入時に絶対損をしてほしくないので、どうやって騙されずに値引き交渉すればよいのか、次の記事でチェックしてみてください。

>>フォルクスワーゲンポロの値引き相場は?評価、評判をチェック!

ポロを安く買うには下取り車を高く売ることがカギ

ポロの新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「かんたん車査定ガイド」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽かんたん車査定ガイド公式サイトはコチラ▽

スポンサーリンク