クルドラ

カローラフィールダーにおすすめのカーナビは「T-Connectナビ 7インチモデル」

カローラフィールダーにはディーラーオプションとして、2種類のカーナビがラインナップされています。ひとつはナビゲーション機能はもちろん、多彩な機能がふんだんに盛り込まれた上位モデルのT-Connectナビ。もうひとつは機能を抑えることで、安価な価格を実現したエントリーモデルのエントリーナビです。

※T-Connectナビ 7インチモデル

どちらもそれぞれ異なる魅力が備わったカーナビなのですが、個人的におすすめしたいのはT-Connectナビ。なぜおすすめなのかというと、機能が充実した上位モデルでありながら、他社の標準的なカーナビと同程度のリーズナブルな価格を実現しているからです。

つまり、価格が安いのはエントリーナビですが、コストパフォーマンスに優れているのはT-Connectナビということになります。その特徴を具体的に紹介します。

T-Connectナビ 7インチモデルは視認性も操作性も高い

まず、T-Connectナビの画面サイズは標準的です。ですが、スイッチの数を最小限に抑えたり文字を大きく表示したりすることで、視認性と操作性を高めています。

「VICS WIDE」に対応しているので、ルート案内中にこの先訪れる道路情報を瞬時に解析し、渋滞回避ルートを提案、最短かつ快適に走行できるルートを導き出してくれるとても賢い機能付きです。

スポンサーリンク

また、運転中にカーナビのディスプレイを見過ぎると重大な事故につながりかねません。T-Connectナビはステアリングスイッチや音声操作に対応しているので、ディスプレイに目線を落とすことなく安全にカーナビを操作することが可能です。

Bluetoothにも対応しています。スマートフォンとナビを連携すれば、入っている音楽やハンズフリー通話を楽しむこともできます。

さらに、T-Connectナビは様々なメディアに対応しています。CDやDVD、SDカードを挿入すれば、車内で音楽や動画を楽しむことができるので、遠出する時には欠かせません。

スマートフォンやメディアがなくても、カーナビ自体にAM/FMチューナーとフルセグTVチューナーを内蔵しているため、ラジオやテレビ番組を視聴することもできます。

このように、たくさんの機能が盛り込まれているのですが、ナビオプションを選択すれば機能の幅がさらに広がります。

  • 12.1型 後席ディスプレイ
  • バックガイドモニター(雨滴除去機能)
  • バックガイドモニター
  • ドライブレコーダー(ナビ連動タイプ)
  • ETC2.0ユニット(ナビ連動タイプ)
  • ETC車載器(ナビ連動タイプ)
  • ITS Connect対応ユニット
  • iPod対応USB/HDMI入力端子

自分が必要とするナビオプションを選択してください。もちろん、必要なナビオプションがない場合は、必ずしも選ぶ必要はありません。

T-Connectナビの価格は、ステアリングスイッチ付車が146,880〜192,240円(税込)、ステアリングスイッチ無車が145,800〜191,160円(税込)となっています。

スポンサーリンク

メニュー