クルドラ

アクアの売れ筋カラーはどれ?人気をランキングで紹介!

アクアの気になるボディカラーは全部で14色ですが、それだけあると正直目移りしてしまいますよね。

どれが人気で売れているのでしょうか?

今回はカラー選びで失敗したくない方のために実際の販売データをもとに調査してみました。

また、2017年6月のマイナーチェンジで新たにFLEX TONE(フレックストーン)も加わっていますのでそちらもあわせてご紹介します。

調査に使ったデータの台数は1362台です。

アクアの人気カラーランキング

1位 ライムホワイトパールクリスタルシャイン(¥32,400)

ホワイト系のパール塗装で、見る角度によってクリスタルの輝きが違います。

高級感があり、世代や性別を問わず誰からも愛される色です。

また、アクアにしかないボディカラーですので、他の車種の色と被りたくない方にもおすすめです。

有料カラーですが、リセール価格も高値で安定していますので費用的には売却時に回収可能なイメージでいいと思います。

ライムホワイトパールクリスタルシャインのフレックストーン

フレックストーンにした場合メーカーオプションで¥54,000かかります。

元々の色のホワイトパールもメーカーオプション¥32,400のため、合わせて円¥86,400かかります。

ライムホワイトパールクリスタルシャイン×カッパーメタリック(¥54,000)

ライムホワイトパールクリスタルシャイン×エアーイエロー(¥54,000)

オシャレはおしゃれですが、そこまでして買う色ではないような気もします。

リセールもライムホワイトパールクリスタルシャインの方が高いことが多いです。

2位 ブラックマイカ

ブラックマイカは光沢感がある黒です。

微粒子が塗装にちりばめられているので濃淡がクッキリと浮き出ています。

全グレード、全シリーズで選択可能です。

しかし、キズや汚れが目立ちやすいボディカラーですので、新車購入時のボディコーティングは必須となります。

ホワイトパール同様、リセール価格は安定しています。

3位 シルバーメタリック

アクアによく似合う色で、グレーメタリックよりも明るいです。

飽きがこない色ですので、長く乗れます。

また、汚れが目立たないボディカラーということもあり、こまめに洗車やメンテナンスができない方にピッタリです。

視認性にもすぐれ、事故遭遇率も低くなっています。

リセールもまあまあ安定しています。

ボディーカラーは、下取り価格にも影響する

新車購入時に今乗っている車をディーラーに下取りに出す人は多いです。

しかしそのまま出してしまっては、下取り金額が妥当なのか、低く査定されているのかわかりません。

商談の前にネットの無料査定で、愛車の差定額を把握しておきましょう。

管理人がオススメするのは「かんたん車査定ガイド(無料)」です。

ここは入力後すぐに査定額を画面で確認できるので手間がかかりません。

3位までは定番のボディカラーばかりでしたが、ここからは独特な色が出てきます。

4位 ジュエリーパープルマイカメタリック

4位はジュエリーパープルマイカメタリックです。

2017年6月のマイナーチェンジで新たに加わったカラーです。

Lグレードは選択できません。

高貴で神秘的なイメージもあり、宝石のような紫がキラキラ輝く美しさに惚れて選ぶ人が多いです。

5位 クリアエメラルドパールクリスタルシャイン(¥32,400)

2017年6月のマイナーチェンジで新たに加わったカラーで、メーカーオプション(有料)です。

アクアのイメージカラーでもあり、さわやかでいながら落ち着いた水色です。

Lグレードは選択できません。

エメラルドの色言葉は「人生・経験・鍛錬」です。

6位 グレーメタリック

グレーメタリックはL以外のグレードで選択できます。

キズや汚れが目立ちにくく、シルバーメタリックよりも落ち着いた雰囲気の色です。

真っ黒はヤクザの車みたいで気が引けるという方でもこの色ならおしゃれです。

メタリック塗装で、光の当たり加減で様々な色に変化します。

一番近い色であるスレートグレイの色言葉は「機知・誇り・良心」です。

7位 オレンジパールクリスタルシャイン(¥32,400)

パール塗装のオレンジで高級感がアップしています。

メーカーオプション(有料)です。

自分らしさを出したい方に向いているカラーです。

Lグレードのみ選択できません。

一番近い色であるゴールデンオレンジの色言葉は「自分本位・一番乗り」です。

スポンサーリンク

8位 スーパーレッドV

真っ赤というわけではありませんが、十分に目立つ色で艶のあるスーパーレッド。

マイナーチェンジ前にあったチェリーパールクリスタルシャインが無くなりましたのでアクアで赤を選ぼうとするとこちらだけとなります。

Lグレードのみ選択できません。

一番近い色であるチェリーレッドの色言葉は「持続力・指導者」です。

スーパーレッドⅤのフレックストーン

スーパーレッドⅤ×スティールブロンドメタリック(¥54,000)

スティールブロンドメタリックのアクセントが効いていますが、普通にスーパーレッドでもいいような気もします。

9位 イエロー

C-HRでも設定されているトヨタイエローともいうべきカラーです。実車を外で見ると若干オレンジが入っているようにも見えます。

そこまで目立つ色ではなく、少し大人な印象です。

イエローの色言葉は「機知・優しい心・家庭的」です。

ファミリー向けの色と言えそうです。

10位 スーパーホワイトⅡ

清潔感のあるホワイトですが、白を選ばれる方のほとんどがホワイトパールにしていることもあり、この順位です。

とても落ち着いた色で冒険している部分が全くありませんので仕事関係で使われる方の購入が多いです。

純白の色言葉は「純粋・優雅・シンプル」です。

11位 ブルーメタリック

鮮やかかつさわやかなブルーです。

メタリックなので暗くなると高級感が出てきます。

一番近い色である紺青の色言葉は「自尊心・滅私奉公・直観力」です。

12位 ベージュ

2017年6月のマイナーチェンジで追加された、「クロスオーバー」の専用色です。

ベージュの中でも落ち着いた色ではなく、スポーティな感じの色合いです。

ベージュの色言葉は「バランス・人なつこさ」です。

13位 フレッシュグリーンマイカメタリック

晴天の下で咲き乱れる木々の葉を想わせる爽やかなグリーンです。

マイカの微細な粒を含むメタリック塗装となっています。

Lグレードのみ選択できません。

一番近い色であるリーフグリーンの色言葉は「優しさ・自尊心・精神性」です。

14位 ブラキッシュアゲハガラスフレーク(¥32,400)


黒と紺と深緑が混ざったような渋めの色で主に年配の男性に人気です。

Lグレードのみ選択できません。

ブラキッシュアゲハガラスフレークのフレックストーン

ブラキッシュアゲハガラスフレーク×スティールブロンドメタリック(¥54,000)

濃紺にシルバーの組み合わせが年配者に受けているようですが、全体的に人気は下火です。

ボディカラーを選ぶポイントとは?

ボディカラーの選択によって車の印象は随分変わってしまいます。

もちろん自分の好きな色を選ぶのが一番ですが、「決めきれない」「どれを選んでいいかわからない」と言う方のために選ぶ際のポイントをおさらいしておこうと思います。

リセールバリュー

車はカラーによって売却時の値段も変わってきます。

一般的な骨とう品などのように「希少価値があるから高く売れる」というようなことはなく、単純に中古車市場で人気が高い方が高く売れるのです。

アクアでも、ホワイトパール、ブラックマイカは安定した人気で、シルバーメタリックも高く売れています。

その他の色に関してはリセールは期待できないと思っておいた方が良いでしょう。

キズや汚れの目立ちにくさ

車というのは毎日使うものなので、気を付けていても汚れや傷はつくものです。

しかし毎回洗車や修復をするわけにもいかないですよね。

そこで、汚れや傷が目立ちにくい色と言えば、アクアの中だとシルバーメタリック、グレーメタリックが挙げられます。

逆を言えば、ピカピカに磨いたとしてもあまり目立たず、磨き甲斐がないのも事実です。

傷などが目立ちやすいのはブラックマイカで、日々のメンテナンスにも時間を取られやすいです。

変色のしやすさ

赤は他の色に比べ、退色、変色が早いです。

赤、紫など紫外線を吸収しやすいので他の色に比べて数倍の速さで退色します。

スーパーレッド、ディープアメジストマイカメタリック、チェリーパールクリスタルシャインを選ぶ際はそれにも注意したいですね。

乗りつぶすつもりであれば、青などの変色のしづらい色を選びましょう。

ボディカラーによって事故率に差がある

これはマメ知識レベルの話になってしまうかもしれませんが、実はボディカラーによって事故率には差が出ます。

一番危険?なのはブルー系統で、近い距離にあっても”遠い”と誤認しやすいので事故につながっています。

逆に事故に合いづらい色としてはシルバーがあげられます。

銀色の車にはメタリック塗装が多く、夜間でもよく目立つこと。

また、シルバーを選ぶ人は保守的で運転も慎重な人が多いと考えられています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

お気に入りの色であなただけのアクアを見つけてください。

アクアを安く買うには

アクアを安く買うには値引き情報をつかんでおくことが最も大切。

値引き交渉でディーラーに丸め込まれないためにもこちらの記事を参考にしてみてください。
>>新型アクアの値引き相場レポート!評価、評判もチェック!

スポンサーリンク