クルドラ

ヴェルファイアのおすすめグレードを比較して検証!後悔しないために選んでおきたいのは?


ヴェルファイアを買うことは決めていても、どのグレードにするかは迷ってしまうもの。

そこでこのページではどのグレードが一番あなたにピッタリなのか、それぞれの特徴を解説しながら見ていきたいと思います。

HYBRID V“L EDITION”/HYBRID Vの特徴



HYBRIDV“LEDITION”はシートがファブリック素材と合成皮革で、HYBRIDVは本革です。LEDコーナリングランプが追加されていて、ホイールのサイズが17インチに大きくなっています。どちらもガソリングレードで、HYBRIDV“LEDITION”は3.5LエンジンでHYBRIDVは.5Lエンジンです。差額は90万円あり、内装の革の素材だけではなくエンジンの違いもあります。

オススメになる人は、コストは重視したいが機能面は妥協したくない人です。また、安く本革シートを追従した人にも向いています。

HYBRID Xの特徴



ヴェルファイアの中で1番お手軽な値段のグレードで、コストを抑えるために装備は基本的なものだけになっています。ホイールサイズが16インチになっていたり、LEDクリアランスランプの機能が制限されたりしています。

とにかく料金を安くしたい人には、オススメです。LEDコーナーリングランプは、非装備になっています。安全装備は標準装備でレーダークルーズコントロールは付いてないので、オプションで追加する必要があります。ブレーキ制御は全グレードに完備されているので、安全面はハイブリッドでも十分です。

ZA“G EDITION”[3.5L]/Z“G EDITION”[2.5L]の特徴



ヴェルファイアののユーザーからの支持を集めていて、内装は黒を基調にしています。ルックスに迫力のあるものに仕上がっていて、合成皮革ハイブリッドZRのみになっています。中間のグレードに比べて内装面はエアロボディ車の方が劣っているので、内装にこだわる人には向いていません。

スポンサーリンク

エアロパーツを装備したい人に、オススメです。ゴールドメッキエクステンションのヘッドランプは目の奥が金色に輝いて、鷹の目のような顔つきです。エクステリアの随所にダークメッキが加工されていて、高級感を演出しています。

VL[3.5L]/V[2.5L]の特徴



VLにはシートはファブリックと合成皮革から本革に変わり、ハイグレードコンソールボックスが大型になっています。快適温熱シートやステアリングヒーター等が装備されているので、冷える冬に運転者の身体を守る機能が追加されています。無くても困らないが、あるととても便利です。

これらの機能は、Vには搭載されていません。7人乗りのシートもVとは異なっていて、細かい違いを感じます。パワーリクライニングやパワーオットマンが欲しい人はVLを、超ロングスライドが欲しいはVを選ぶと良いです。

X[2.5L]の特徴



ウインドーズフロントガラスは、UVカット機能だげが付いています。フロントドアグリーンガラスはXのみUVカットになっていて、上位のグレードより下位の装備が付いている事があります。内容としては十分な装備で、全グレード標準装備と合わせてもとても便利な装備になっています。最も安く手に入るので、料金で選んでいる人が購入しています。エクステリアか車の性能のどちらかが気にいって、購入している人が多いです。大人だけの家族に人気のあるグレードで、必要というより車が好きな人向けになっています。

おすすめはどのグレードか

価格で選ぶならXで、1番安い価格です。装備内容も不足していないので、最低限あれば良い人にはオススメのグレードです。年齢も、幅広い層にオススメできます。エコを考えて購入するならHYBRIDXで、ハイブリッド車の中で1番料金が安いです。装備も最低限の装備は搭載されているので、十分の機能があります。

HYBRIDV“LEDITION”とHYBRIDVにすると、料金が高くなってしまうのでその分機能も充実しています。機能を取るか料金を取るかで、選ぶものが変わってきます。

スポンサーリンク

メニュー