クルドラ

マークXを高く売りたい人に。相場よりも高く売れる、たった1つの方法!

マークⅡからのモデルチェンジで生まれたトヨタ「マークX」。
高級感を漂わせつつも嫌味ではない・・・若いチャラ男ではなく、ダンディな大人の男性にピッタリのイメージです。

そんなマークXを高く売る方法や相場の目安について見ていきましょう。

買取金額upの条件

マークXの買取金額がアップするのは以下のような条件に当てはまったときです。

・人気のグレード
「250G SパッケージG’s」「250G Sパッケージ」「250 プレミアム」「250 プレミアム4WD」「350S G’s」

・人気のカラー
ブラック、ホワイトパールクリスタルシャイン、アイスチタニウムマイカメタリック

・人気のオプション
パワーシート、電動ムーンルーフ、本革シート、トヨタセーフティセンス、純正HDDナビ・SDナビ、モデリスタ・TRDエアロキット、インチアップホイール

250Gはスタンダードモデルでありながらも人気です。「プレミアム」とのグレードの違いはほとんどないので査定額も大差はありません。
人気色はやはり定番のホワイト、ブラックが高く売れます。だいぶ離されてアイスチタニウムマイカメタリックの順です。

高く売るコツ

結論からいうと少しでも高く売るためには一括見積りで「複数の買い取り業者に査定」をしてもらうのが鉄則です。

ショックかもしれませんが、下取りに出したり、近所の買取店にもっていくのはものすごく損をする可能性が高いです。

複数業者に査定をしてもらうからこそ安く買いたたかれずに査定業者同士の金額競争に持ち込めます。便利な「一括査定サービス」を利用しましょう。一括査定サービスとは、インターネットを利用して、簡単に複数社に無料見積もりを依頼できるサービスです。もちろん車を店舗までもっていく必要はありません。

しかも業者のほうでも他社と比較・検討されることは重々承知なので、最初からがんばった査定金額を提示してくれやすいです。

あなたは高値を提示してきた業者をいくつか選び、さらに競わせることで、査定金額もあがるのです。最初に10万円と言われた車が、さらに5万、10万と買い取りき額がUPするなんてことはザラです。

スポンサーリンク

査定の相場は?

マークXは、年式やモデルによっても売却価格が大きく違ってきます。人気グレードやオプション、それに査定をするタイミングによっても査定額が上下するのが普通です。買い取り査定の相場をリアルタイムでチェックすることで、下取りと売却、さらにはどこで売ればいいのかがわかります!

>>マークXをリアルタイム査定してみる

【モデル別】の買い取り価格相場まとめ

初代 2004年11月~モデル

買取査定相場:15万~65万
8~13年落ちのモデルです。人気車種なので売却に困ることはありません。しかし少しでも高く売りたいのであれば複数の見積もりを取って業者間の競争を誘うようにしましょう。

概要

2004年に前身モデルのマークⅡから、新たにその外観と共にスポーツセダンとして生まれ変わったマークXですが、12代目のクラウンと同じプラットフォームを採用されています。

デザインはそのスポーティーさを売りにしており、ヘッドライトは個性的な3連ランプを採用しています。3.0Lモデルと2.5Lモデルにはスポーツ走行向けのグレードも準備されており、大径ディスクブレーキや18インチアルミホイール、リヤスポイラー等も標準で装備されています。

内装に付いては軟質ウレタンを使用したり、木目調パネルを採用したりとやや豪華な作りとなっていますが、少し難点があるとすれば後部座席の座り心地です。広さは全く問題が有りませんので、この後部座席の作りが改善されれば良かったと考えます。

2代目 2009年10月~モデル

買取査定相場:35万~100万
現行モデルになりますのでそこまで売却自体は難しくありません。
しかし100万近い査定を出そうと思うと350Sや250Gなどの人気グレードや色である必要があります。
もちろんマイナーチェンジ後の購入である方が高値が付きやすいです。

概要

2代目マークXは、初代同様スポーツサルーンとして進化を遂げ販売が開始されました。
初代で採用された3連ヘッドライトは2012年のマイナーチェンジの時に廃止されています。

この2代目ですが従来は3.5Lのみに設定されていた最上級グレードを2.5Lにも設定し、安全機能である「プリクラッシュセーフティシステム」を搭載する事ができます。

又スポーツグレードが3.5L及び2.5Lに設定されており、スポーツ走行を楽しむ為のパドルシフトを装備している点でも、スポーツサルーンを意識した作りとなっています。

他に安全面での装備としては、7つのエアバッグ、旋回時の横滑りを抑えるVSC、加速時のタイヤの空転を防ぐTRC等が装備されています。

スポンサーリンク

メニュー