クルドラ

プリウスのおすすめオプションはどれ?後悔しないために本当に必要なオプションを調べてみた

プリウスを購入しようとするとき、どうしても悩んでしまうのがオプション選び。

付けすぎると予算をオーバーしてしまいますし、ケチりすぎるとあとでやっぱり付けておけばよかった…と後悔することも。。

今回はそんなあなたのために、パッソで本当に必要なオプション、できればつけておきたいオプションを詳しく見ていきたいと思います。

プリウスで必須のオプション

トヨタセーフティーセンスP(¥80,000)


プリウスの必須オプションはトヨタセーフティーセンスPです。

グレードによって、標準装備になりますが、下のグレードにはメーカーオプションになっています。

トヨタセーフティーセンスPには自動ブレーキ装置や、車線逸脱を知らせてくれる装置、オートマチックハイビーム、レーダークルーズコントロールが付いてきます。

プリウスではHVで先進的な車ですので、安全装置を付けるのは必須です。

レーダークルーズコントロールには車速追従機能が付いているので、走行中に前の車が加速すると自車も加速してくれます。

また前の車が減速すると自車も減速してくれます。

自動ブレーキ装置は、走行中に障害物を検知してぶつかりそうになると警報がなりそれでもブレーキを踏めない場合自動ブレーキが作動します。

車線逸脱を防ぐレーンディパーチャーアラートは車線の逸脱をすると警報がなり、更にハンドル制御もしてくれます。

オートマチックハイビームは、夜に走行していて、対向車等がいなくなると自動にハイビームになり対向車等がいるとロービームに切り替わります。

このような安全装置はこれからの車にはどんどん付いていきます。

そのためプリウスにも必須のオプションと言えます。

できればつけておきたいオプション

フロントフォグランプ(¥21,600)


プリウスでできれば付けておきたいオプションは、フロントフォグランプです。

新車を購入するときにはメーカーオプションになっていて、金額が21600円と比較的安い設定になっていますが、付いていないものから後から付けようとするとプラスアルファのお金が必要になります。

スポンサーリンク

フォグランプは基本的には霧がかかっているときに使うランプですが、見た目がかっこよくもなりますので、できれば付けておくことをオススメします。

少し気になるポイントとしては標準のハロゲンランプよりも横から照らした時に少し見づらくなるといった欠点はあります。

不要なオプション

ITSコネクト

ITSコネクトはディーラーで薦められるかと思いますが、つける必要はありません。
ハッキリ言って使わないですし、愛知県・東京都の交差点に設置されたITSコネクトは、わずか20カ所位ですから、それ以外の地域に住んでいれば付ける理由がありません。

しかもITSコネクトは、愛知県・東京都に住んでいるとキャンペーンで付いてくるので買う必要がある人は「ゼロ」ということに・・・。
10年以上後にはいろんな車に標準装備されているのかもしれませんが、現時点ではよほど先進的なものに興味が無い限りは不要です。

ナビレディパッケージ(¥43,200)

またナビレディパッケージもオススメです。

このオプションを付けるとバックカメラが付きますが、ステアリングスイッチも追加されます。

プリウスは後ろが若干見づらいので、車庫入れの時にバックカメラがあれば便利です。

車は少しぶつけただけでも修理代が高くつくことがありますので、安全のためにも付けることをオススメします。

またメーカーオプションでナビレディパッケージを付けなくても後からバックモニターだけ付けることはできますが、工賃が掛かるため割高になります。

そのためできれば最初からナビレディパッケージをつけておけばステアリングスイッチも付いてくるので、できれば付けておきたいオプションになります。

オプション選択は後悔の無いように

オプションは購入時にしか付けられないものもあり、取捨選択に頭を悩ますところです。

カスタムパーツや内装オプションを充実させての魅力を引き立たせたいのは山々・・・とは言えいくらでも費用をかけるわけにもいかないですよね。そこで大切になってくるのが値引き額を把握することと愛車の下取り相場を調べて買い換え全体で損をしないことです。

この記事を見てくれた人には新車購入時に絶対損をしてほしくないので、どうやって騙されずに値引き交渉すればよいのか、次の記事でチェックしてみてください。

>>新型プリウスの値引き相場は?評価、評判をチェック!

スポンサーリンク
<<お得に車を買い替えたい方は必見!>>

車の買い替えに焦りは禁物です。
ディーラーに下取りに出すつもりでも
愛車の査定相場を知らずに交渉すると
何十万も安く買いたたかれて大損をしてしまうかも…。

管理人おすすめのかんたん車査定ガイドで愛車の最高額をチェックしてから値引き交渉に臨みましょう!

かんたん車査定ガイド公式サイトはこちら >>http://a-satei.com/