クルドラ

エスティマを高く売りたい人に。相場よりも高く売れる、たった1つの方法!

エスティマはミニバンの中でも室内スペースや走行性能にこだわって作られており、ロングセラーとなっています。
2018年にはフルモデルチェンジが予定されています。

買い取り相場は?

現在は、一括査定や買取専門の路面店、一般ディーラーなど選択肢が広がっているので一概に相場がいくら、とは言いにくいのが現状です。
そんな中でもハイブリッドモデル、4WDモデルは高値が期待できます。3年落ち20,000kmあたりで200万円前後かと思われます。

もちろん内外装に目立った傷みがない場合となります。ミニバンの中でも人気があるモデルなので、10年落ち100,000kmくらいでも値段が付きます。これもやはりハイブリッドモデル、4WDモデルが中心となり、20万円から50万円あたりが狙えると思います。

人気カラーはブラック系がトップで、次いでホワイト系、グレー系になります。店舗にもよりますが、ブラック系は他のカラーより同条件であれば10%から15%程度プラスになるとの情報もあります。

燃費性能が向上してきた現在では、3.5Lモデルはどうしても人気薄、査定も厳しいようです。他モデルより30%は低くなることが多いようです。

売る際に査定額がアップするオプションやカラー、グレードは?

エスティマは廉価グレードでも基本はフル装備なので、どのグレードでも共通するところだと思いますが、ナビゲーションシステムが挙げられます。
同じナビゲーション付きでも、ハイグレードなものが付いている方が査定額は断然上がります。

例えば、5万円クラスのナビゲーション装着のモデルと30万円以上の地デジ対応、バックモニター付きモデル装着車では、ナビゲーションの価格差がそのまま車の査定額に反映されることが多いようです。

もう一つは、本革シート装備車です。ファミリーユースには価格的な問題もあり通常のファブリックシートが人気ですが、汚れの付きにくさ、高級感などの理由で、需要が高まっているようです。オプション価格の差がそのままは反映されない傾向ではありますが、標準のファブリックシートより数万円から10万円くらいは違ってくるはずです。

カラーは断然ブラック系が人気です。他のカラーと比較して10%~15%はプラスになるようです。

スポンサーリンク

エスティマを高く売るコツ

結論から言うとエスティマを少しでも高く売るコツは、「たくさんの業者から見積もりを取ること」です。

ディーラーに下取りに出したり、買い取り専門店が提示した金額でそのまま売ってしまっては高値で売れるチャンスをむざむざ逃してしまうことになりかねません!

例えば家やマンションを買ったりリフォームしたりするときはいくつかのメーカーや業者から見積もりを取って、納得いくまで見比べたうえで選びますよね?それと全く同じです。

できるだけ多くの買い取り業者に査定をしてもらうことで業者同士を競争させて、エスティマを売るのにベストな業者を見つけましょう!それには便利な「オンラインの中古車査定サービス」を活用するのがベストです。

中古車査定サービスとは、インターネットでクルマの情報(メーカー、車種、走行距離)」と「ご自分の情報(名前、住所、電話番号など)」を入力することで、一つ一つの業者にわざわざ申し込みをしなくても見積もりが取れる便利なサービスです。

もちろん全部の業者にあなたの個人情報が知られてしまうわけではありません。あなたが査定依頼をしてもらいたい買取業者だけを選択・確認の上、査定(見積もり)依頼をする。という流れになります。

しかも業者のほうでも同業他社と相見積もりをとっていることはわかっていますので、がんばった査定金額を提示してくれやすいというわけです。

その中で高値を提示してきた業者を選び交渉を進めていけばよいのです。A社で40万円と言われた車が、他では60万円以上の査定が出た!くなんてことはザラにあることなんです。

実際に査定してもらうのに時間がかかるのが面倒な方は同じ時間に2.3社呼んで同時に見積もりを出してもらえば時間が省けます。こちらも査定業者は慣れっこですので特に気を使う必要はありません。

それどころかなるべく早く見積金額を伝えて契約が欲しいがために向こうから最短の時間を聞いてきてバッティングもいとわないことが多いです。

エスティマの査定相場は?

実際のエスティマの査定価格は、

  • ・へこみ・キズなどの有無
  • ・走行距離の長さ
  • ・年式の新古による違い
  • ・事故歴や修復歴の有無
  • ・グレードに人気があるか
  • ・ボディカラーが人気色かどうか
  • ・売却の時期

など様々な要因で変化します。

そのために、正確な査定額は実際に車を見てもらって出してもらうほかありません。

スポンサーリンク

メニュー