クルドラ

アルファードのおすすめグレードを比較して検証!後悔しないために選んでおきたいのは?

アルファードを買うことは決めていても、どのグレードにするかは迷ってしまうもの。

そこでこのページではどのグレードが一番あなたにピッタリなのか、それぞれの特徴を解説しながら見ていきたいと思います。

関連記事:>>アルファード 値引き

     >>アルファード おすすめオプション

グレード 特別仕様車 SA“TYPE BLACK”/S“Aパッケージ・TYPE BLACK”の特徴



SA“TYPE BLACK、S“Aパッケージ・TYPE BLACKシリーズはSAシリーズの特別仕様車です。
外観は専用のスモークメッキのフロントグリルやエアロタイプバンパーなどを装備して迫力のあるものとなっています。室内の色使いも黒系統でまとめられています。

専用シート表皮となり、フロントシートは6ウェイマニュアルシートとなり、セカンドシートはリラックスキャプテンシートの設定となっています。
パワーバックドアの装備も特徴となります。フロントガラスはIRカット機能のつかないUVカットガラスです。

どのタイプもブラック塗装の18インチアルミホイールを装備しています。

HYBRID Executive Lounge/Executive Lounge[3.5L]の特徴



HYBRID Executive Lounge、Executive Loungeはアルファードシリーズの最上級に位置するグレードです。

最大の特徴としてセカンドシートがエグゼクティブラウンジシートとなっています。

どちらのタイプもシート表皮は本皮となっており、他のグレードで木目調で仕上げられている部分はパール木目調にグレードアップされています。
レーダークルーズコントロール、T-CONNECTSDナビゲーションシステム、リヤエンターテイメントシステムが標準装備されていることも特徴です。

HYBRID G“Fパッケージ”/HYBRID Gの特徴



GF/Gグレードはアルファードハイブリッドでは価格的にも上級グレードとなります。フロントガラスはIRカット機能付きUVカットガラスの上級仕様です。

運転席は8ウェイパワーシートを装備し、サードシートは回転式アームレストを装備しています。Gではセカンドシートがリラックスキャプテンシートの設定となります。

GFは7人乗りのみの設定でステアリングヒーターが装備され、アクセサリーコンセントが5つ装備され(Gは1つ)、セカンドシートはエグゼクティブパワーシートのみとなっている点がGグレードとは異なります。

HYBRID Xの特徴



HYBRID Xグレードはアルファードハイブリッドの中で最も低価格なモデルとなります。プリクラッシュセーフティシステム、レーダークルーズコントロールなどがオプションで装備可能です。

フロントガラスはIRカット機能のないUVカットガラスです。両側パワースライドドアはオプション設定となっており、スマートエントリーやパワーバックドアも装備されません。

フロントシートは6ウェイマニュアルシートとなり、セカンドシートはリラックスキャプテンシートかチップアップシートの選べる設定となっています。
助手席のオットマンは装備されません。

HYBRID SR“Cパッケージ”/HYBRID SRの特徴




HYBRID SR“Cパッケージ、HYBRID SRグレードはアルファードハイブリッドの中で中間的なモデルとなります。

プリクラッシュセーフティシステム、レーダークルーズコントロールなどがオプションで装備可能です。フロントガラスはIRカット機能の付いたUVカットガラスです。

両側パワースライドドアは標準装備となっています。フロントシートは8ウェイパワーシートとなり、セカンドシートはリラックスキャプテンシートの設定となっています。

Cパッケージはパワーバックドアと快適温熱シート、アクセサリーコンセントが5つ装備されることが特徴です。

スポンサーリンク

GF[3.5L]/G[2.5L]の特徴




GF/Gグレードはアルファードでは価格的にも上級グレードとなります。

フロントガラスはIRカット機能付きUVカットガラスの上級仕様です。運転席は8ウェイパワーシートを装備し、サードシートは回転式アームレストを装備しています。

Gではセカンドシートがリラックスキャプテンシートまたはチップアップシートから選べます。

GFは7人乗りのみの設定でステアリングヒーターが装備され、アクセサリーコンセントが4つ装備され、セカンドシートはエグゼクティブパワーシートのみとなっている点がGグレードとは異なります。

X[2.5L]の特徴



Xグレードはアルファードシリーズの中で最も低価格なモデルとなります。

アイドリングストップシステム、プリクラッシュセーフティシステム、レーダークルーズコントロールなどがオプションで装備可能です。フロントガラスはIRカット機能のないUVカットガラスです。

両側パワースライドドアはオプション設定となっており、スマートエントリーやパワーバックドアも装備されません。フロントシートは6ウェイマニュアルシートとなり、セカンドシートはリラックスキャプテンシートかチップアップシートの選べる設定となっています。

助手席のスーパーロングスライド機構とオットマンは装備されません。

SA“Cパッケージ”[3.5L]/S“Cパッケージ”[2.5L]の特徴




SA“Cパッケージ、S“Cパッケージ”はアルファードのエアロスタイルグレードで価格的にはやや高い部類となります。

外観はエアロタイプバンパーなどを装備して迫力のあるものとなっています。フロントシートは8ウェイパワーシートとなり、セカンドシートはエグゼクティブパワーシートの設定となっています。

サイドテーブルやコンソールボックスが木目調にグレードアップされていることも特徴です。フロントガラスはIRカット機能付きのUVカットガラスです。

どのタイプも光輝タイプ18インチアルミホイールを装備しています。

SA[3.5L]/S“Aパッケージ”[2.5L]/S[2.5L]の特徴




SA、S“Aパッケージ”、Sシリーズはアルファードのエアロスタイルグレードで価格的にはやや高い部類となります。

外観はエアロタイプバンパーなどを装備して迫力のあるものとなっています。フロントシートは6ウェイマニュアルシートとなり、セカンドシートはリラックスキャプテンシートかチップアップシートの選べる設定となっています。

また、SAのリラックスキャプテンシートにはロングラゲージモードが装備されます。フロントガラスはIRカット機能のつかないUVカットガラスです。

どのタイプも18インチアルミホイールを装備しています。

おすすめはどのグレードか

おすすめグレードはHYBRID SR“Cパッケージ”/HYBRID SRまたは、 SA、S“Aパッケージ”、S以上のグレードで、価格と装備のバランスが良く、このグレードでは不十分という装備はほぼないといっていいでしょう。

エアロパーツグレードは装備は充実しており好みによっておすすめとなります。

ハイブリッドではないXグレードはアルファードとしては低価格で機能がかなり省かれていますが、室内空間やシートの構造は共通する部分も多く、他車と比較した場合はおすすめできる部分もあります。

HYBRID Executive Lounge/Executive Loungはある意味最高級車としての観点ではおすすめとなります。

スポンサーリンク
<<お得に車を買い替えたい方は必見!>>

車の買い替えに焦りは禁物です。
ディーラーに下取りに出すつもりでも
愛車の査定相場を知らずに交渉すると
何十万も安く買いたたかれて大損をしてしまうかも…。

管理人おすすめのかんたん車査定ガイドで愛車の最高額をチェックしてから値引き交渉に臨みましょう!

かんたん車査定ガイド公式サイトはこちら >>http://a-satei.com/