クルドラ

「アルティス」の値引き相場は?評価、評判をチェック!

altis00

特徴は

ダイハツアルティスはダイハツの中でも最大級のサイズの前輪駆動ハイブリッドセダンで、全長4850mm、全幅1825mm、全高1470mmというサイズで5人乗りとなっています。

2.5リッターエンジンとモーターによる駆動を行い、電気式の無段変速機を搭載してシステム最高出力は205馬力を発生し、JC08モードで23.4km/lの低燃費を達成しています。

トヨタカムリとダイハツアルティスは兄弟車でサイズや色の名前など同一となっており、メーカーと車名のエンブレムのみ違っています。

評判、評価は?

ダイハツアルティスはOEM車だけに販売台数がかなり少なく、レビューも少ないのですが、9件のレビューが集まった中古車系の評価サイトでは満足度が最も高く、価格、燃費経済性能、走行性能、乗り心地の順に高水準の評価を得ており、ハイブリッドセダンとしての目的は果たしているといえるでしょう。

同じ中古車系の評価サイトで150件ものレビュー報告のあるカムリの評価は満足度が最も高く、外観デザインと走行性能が同点で次いでおり、それに次いで乗り心地燃費と経済性能が同点で次いでいますが、点数的に大きな差はなく、高水準の評価を受けています。
altis01

値引きの相場は?

値引き額の限界をチェックしておくことはとても大切です。
もし、知らないで買ってしまうとかなりの金額を損することにもなりかねません・・・

アルティスの値引き相場は25万円から30万円とされています。
車体価格が274万円からと安くはないので、できる限り大きな値引きを勝ち取りたいところです。

アルティスはダイハツなので、値引き査定が然程厳しくないのでトヨタのように難しい交渉はあまり必要ないと思います。
アルティスの交渉で引き合いに出すと良いのは、トヨタのカムリとなっています。

一番良いのはカムリの見積もりを取ってから行くことです。
カムリはアルティスと兄弟車ですが、トヨタとダイハツで値下げ幅は異なってくるので、この2台で競合させるのが良いでしょう。

ディーラーで下取りすると安く買いたたかれることが多い!


ディーラーイメージ
新しく車を買うときにはその販売店で今の愛車を下取りに出すことが一般的です。購入と売却をワンセットで行えるので手間もかからずにお得な気もしますが・・・

管理人
実はディーラー査定は安いことが多いってご存知でしたか?

理由は簡単。競合がいないからです。

なのでこの下取りで損をしている人がめちゃくちゃ多いんです。


営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です


管理人
と言われてもその金額が妥当なのか、安いのかプロでもないのにわかりませんよね。


しかし営業マンに言われるがままでは損をしてしまうことも…

下取り額を大幅にアップさせる方法


査定額イメージ図
同じ車でもどこに売るかで査定額は変わります。

下取りに出すときに損をすることなく、むしろ下取り額アップに成功した人に話を聞くとある共通点がありました!

答えは簡単です。複数の車買取店を競合させて愛車の買い取り相場を知っておく。

そうすればその査定額をディーラーにバシッと言うだけであっさり下取り額がアップします。

営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です(この金額で収まれば何十万と儲かるな)


あなた
他の買取店で90万円の査定をしてもらってます。これが見積書です。


営業マン
汗汗。では下取り100万でいかがでしょうか?


あなた
OKです。よし!やった!


これはうまくはまったパターンですが、もしダメでもその時は買取店で売ればいいだけの話なのであなたに損は全くありません。

しかし一軒一軒買取店を回るのは手間も時間もかかりすぎます。

そんなときに便利なのが一括査定サイト。複数の買取業者に出張査定してもらえるサービスです。

管理人
管理人がリサーチした結果、圧倒的に利用者が多かったのはかんたん車査定ガイド(無料)です


かんたん車査定ガイドが選ばれている理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・最大10社の買取店から最高査定額を選べる
・東証一部上場企業グループが運営
・電話がかかってくるのが面倒な人はメールだけで対応可能

↓かんたん車査定ガイド公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
管理人
無料の一括査定サービスを知らなかったがために、下取りで安く買いたたかれて 「あのとき買い取り査定しておけば・・・」 と後悔している人は多いです。 やったもん勝ちで、100%損をすることのないサービスですのでぜひ活用してください

納期は?

1~2か月と標準的な納期です。

コスパで選ぶならどのグレード、オプション?

ダイハツのアルティスはハイブリッド G パッケージの1グレードであるため、コスパを考えてグレードを選ぶというようなことはできません。

ボディカラーのホワイトパールクリスタルシャインは特別塗装料金がかかるので、少しでも本体価格を安くアルティスに乗りたいという方はそれ以外の色を検討するのが良いでしょう。

カーナビを装備する場合純正オプションが装備されていないため、低価格な社外品などを狙うのも良いでしょう。

また、アルティスはモデル末期でエマージェンシーブレーキなどの予防安全装備などが装備されていない年代の車ですが、販売台数が少ない車でもあるため、在庫一掃セール的なものはなかなか見つからないでしょう。

スポンサーリンク

リセールを考えて選ぶならどのグレード、カラー、オプション?

ダイハツのアルティスはハイブリッド G パッケージの1グレードであるため、リセール価値を高めるという観点でグレードを選ぶというようなことはできません。

ボディカラーのホワイトパールクリスタルシャインは特別塗装料金がかかりますが、無難な人気色でもあるため、好みであれば特別塗装料金を払ってもこの色にしてかまわないでしょう。

珍しくチルト&スライド電動ムーンルーフがオプションで用意されていますが人気の装備というほどでもなくリセールの観点では無理に装備しなくて良いでしょう。

これ以外のメーカーオプションはリヤフォグランプ程度でリセールというよりは必要性に応じて装備すべきというレベルです。
カーナビはメーカーオプション設定されていないので光学なものを装備してリセールを良くするという手もあります。

どんな人向けの車か?

アルティスは、カムリと兄弟車とあってどちらかというと高級車の部類に入ります。

車内の質感もよく走行性能でも安定しています。内装のデザインは高級感はありますが、派手さがないので若者にはつまらないかもしれません。アルティスの良さがわかるのは恐らく30代後半くらいになってからだと思います。

また、車体価格が少し高めなので若い世代には手が出ないかもしれません。後席は広く設計されているので、大人でも後席は寛いで乗れると思います。ですので、子供が2人の家庭なら、ある程度大きくなっても大丈夫ですし、力を発揮してくれるのではないでしょうか。

安全装備は?

ALTIS06
ダイハツ車は軽自動車の安全装備は比較的良いものが備わっていますが、普通車ではトヨタ仕様となるので標準装備ではあまり安全装備は付いていません。そのためアルティスでも標準で安全装備は付いていません。

メーカーオプションでスマートアシストが用意されているので、予算の関係もあると思いますが、お好みでスマートアシストを装着する事になります。

このスマートアシストの性能はとても優れており、全5つの安全機能が付いています。
スマートアシストは低速域衝突回避ブレーキ機能、誤発進抑制制御機能が前方と後方、先行車発進お知らせ機能が付いているので、スマートアシストを付ければ安全性には難がなくなる事になります。

収納スペースは?

アルティスは収納スペースが多くありません。セダンは他社のセダンでも収納スペースは少ないので、アルティスは標準であると言えます。

収納スペースを多く求めている方には合わない車種ですが、セダン好きの方にはとても良い車種となります。
収納スペースの数は大体6ヶ所程ですが、1つひとつの大きさは然程大きくはありません。

しかし、トランクルームは広く設計されており、最長の奥行きで1120mm、幅が1630mmとなっています。
よっぽど大きいものでなければ大半の物はトランクルームに積むことができるので、不満を感じることはないと思います。

居住性・快適性は?

アルティスの室内長は2080mm、室内幅は1525mm、室内高は1210mmとなっています。トヨタアリオンと比べると室内長が長くなっているので、後席の足元がゆったりと寛げるようになっています。

デザイン性でも高級感があるので落ち着いた雰囲気で運転を楽しむことができます。
全席でも運転席ではハンドルがある分少し窮屈に感じてしまうかもしれませんが、助手席では足を伸ばして寛げる広さがあります。

質感の良いシートに座ることで快適性は非常高いと言えます。
居住性でもとても優れているので、座っているだけでも満足感を得られる車種となっています。

走行性能・エンジン性能は?

ALTIS07
アルティスの排気量は2500ccとなっています。直列4気筒DOHC+モーターmとなり、馬力は160psとなっています。
最大トルクは21.7kg・mとなっているので非常にパワーがあり十分な加速を楽しむことができると思います。

車体重量が1540kgとなっているので、ここに男性の大人が5人乗るとやや発進時に不満を感じてしまうかもしれませんが、4人程であれば全く問題なくドライブができます。

優れた走行性能がありながら静粛性にも優れているので、気持ちの良い運転が実現されています。

優れているところは

安心して使える基本性能の優れたセダンながら、エンブレムが異なる非常に珍しい車としての側面を持っており珍しい立ち位置は優れた点です。

また、大型FFセダンながらハイブリッドシステムを搭載することで23.4km/lの低燃費を達成しており、価格も350万円を切っているところは優秀です。

インパネシフトではない通常のシフトレバーの位置など、普通のセダンとしての内装になっているところも優れており、木目などで彩られています。

低騒音で走れるEVモード走行が可能な面もハイブリッド車としては優れています。
altis02

物足りないところは

車としては十分な高性能を持っているのですが、ダイハツアルティスならではの特徴が色や外見・内装などに一切ないところがやや物足りない面と言えます。

4WDやエアロパーツやスポイラーを装備したスポーティなバージョンが用意されていないのもセダンとしてはやや物足りない面と言えます。

新型のカムリが海外モーターショーに出展され、現時点でモデル末期とも言えるのですがエマージェンシーブレーキなどの予防安全装備が搭載されておらず、TOYOTA SAFETY SENSE Pに相当する装備が可能になることが待たれます。

ライバル車種は?

競合車種とどちらを買うか決めかねていることにすれば、さらなる値引きが引き出せます!
ライバル車をチェックしておきましょう!

アルティスのライバル車種はトヨタマークXです。
カムリがマークXと同等であるので、ライバルとして言うのはおかしいかもしれませんが、経済面ではアルティスの方が優れています。

車体価格の最低金額は274万円のアルティスに比べマークXは265万円と安くはなっていますが、最高額が285万円のアルティスに対しマークXは100万円高い385万円となっています。

馬力ではアルティスは140psですが、マークXは203psと高いですが、排気量もその分高くなっておりアルティスの2200ccに対してマークしは2500ccです。

何よりもマークXを上回っているのが燃費で、11km/程の燃費に対してアルティスは16k//L程を記録しています。
維持を考えれば断然アルティスに軍配が上がります。

実燃費は?

altis03
ダイハツは軽自動車のイメージが強く、セダンは大丈夫なのかと思う方もいるかと思います。
しかし、アルティスはトヨタカムリの兄弟車となっているので、性能はほぼ同じと安定しています。

カタログ燃費は23.4km/Lとなっており、実燃費では16km/Lから17km/程と非常に高い数値を残しています。
セダンでは、ハイブリッドであれ15km/L前後が多い中、アルティスはそれを上回る高い数値を残すことが出来ているので、燃費には優秀であると言えます。

エンジンはカムリと同じなので総合的に優れた車種となっています。

ダサい?デザインや内装は?

altis04

アルティスの内装は落ち着いた雰囲気でメーターはかっこよくデザインされています。
パネルも木目調となっており、高級感が漂っています。

運転のし易さでも考えられた設計となっているので、使い勝手も良い車種となっています。
セダンなので収納スペースはずば抜けて多くはありませんが、不便に感じるほどではなく快適なドライブが楽しめます。

室内全体のインテリアも統一感があるので、乗るだけでワクワクさせてくれる内装デザインとなっています。
外装も高級感があるので、総合的に非常に良いデザインと言えます。
altis05

スポンサーリンク

メニュー