クルドラ

新型エクリプス クロスの2017年12月の値引き相場レポート!評価、評判もチェック!


2018年春に発売が予定されている新型エクリプス クロス。


そんな新型エクリプス クロスの購入を考えている方が一番気になっているのが“どのくらい値引きが可能なのか”だと思います。

そこで今回は

  • ・新型エクリプス クロスの値引きの相場・限界
  • ・値引き交渉のコツ
  • ・値引きにプラスして、できること

特にこの辺りの情報を包み隠さず紹介していこうと思います!

どうしてこんな普通はわからないようなリアルな情報を書けるかというとそれには理由があって…

実は管理人の友達がスバルの営業マンをしているのです。

なので最新の値引き情報上手な新型エクリプス クロスの値引き交渉のやり方などの重要な情報が入ってきます。

営業マンが困る、値引き交渉のやり方】まで伝授しますので是非お読みください。

値引きの相場・限界は?

値引き額の限界をチェックしておくことはとても大切です。
もし、知らないで買ってしまうとかなりの金額を損することにもなりかねません・・・

2017年12月の新型エクリプス クロスの値引き相場はズバリ

車両本体 10万円
オプションを含む値引き15万円

が、合格目標です。

本来ならば三菱自動車としては発売からしばらくは値引きなしでいきたいのが本音でしょうが、燃費不正問題も考慮して10万円程度の値引きになるのではと予想されています。

ライバル車種と競合させる

ライバル車種との競合で値引きを引き出すのにはヴェゼルC-HRCX-3などが効果的です。

これらの名前を出すことにより競争意識を煽り、値引きを引き出しましょう。

“どちらかというとメインで購入を検討しているはライバル車”と思わせられれば、気を変えるためにさらなる値引きを引き出せる場合もあります。

エクリプス クロス同士を競合させる

ライバル車種の名前を出しても値引きが思わしくなかった場合、エクリプス クロス同士を競合させることも効果的です。

エクリプス クロスはスバル店で扱われていて、△△スバル○○店の○○部分が少しでも違うところが別会社で別資本ですので、その複数店舗を回り、「他店ではここまで値引きしてくれたよ」ということを伝えれば値引きが大きくなることが期待できます。

基本的には隣の県まで足を伸ばせば必ず別会社になります。

隣県まで越境できない方は、スバルの新車を扱っているサブディーラー(中古車販売店など)も同士競合させることができますので、近くにあればぜひ行ってみましょう。

また、いくつかのスバル店を回ることで、中には販売ノルマに未達のディーラーや営業マンに遭遇するときもあります。

そのときは鼻血が出るくらいがんばって値引いてくれますのでかなりラッキーです。

オプション値引き

オプションからの値引きも本体車両からの値引きと同じことですので大切なポイントです。
エクリプス クロスは本体値引きもありますが、オプション値引きある程度期待できますので、粘って交渉を行い、実質的な高額値引きに繋げましょう。

エクリプス クロスの場合は20~25%程度を目標に交渉しましょう。

また、契約直前だけに通用するやり方ですが、「このオプションをサービスで付けてくれたら契約するよ」と言えば、ちょっとしたオプションなら付けてもらえることもあります。

具体的には

・ドアバイザー
・トランクガーニッシュ
・ドアハンドル
・サイドシルプレート シルバー
・フロアカーペット
・ドアミラーオートシステム
・ホイールロックセット

などがねらい目になってくるでしょう。

もちろんサービスしてもらうものなので、あまり贅沢は言わずに簡単に付けられるものを狙うのがポイントです。

また、ハンコを用意しておくなどして本気度をアピールしましょう

予算は伝えるべきか?

値引き交渉をするときに、“こちらの予算を伝えない”というやり方もありますが、営業マンもその道のプロです。

黙っていてもおおよその予算は見抜かれます。

ですのでオススメのやり方としては、これは営業マンにはもしかしたら嫌われてしまうかもしれないのですが、最初に少なめの予算を伝えて値引きを引き出しましょう。

「予算は320万円なので、これ以上は出せない。でもこの予算内でオプションなどもサービスしてくれたら即決してもいい」

などと勝負を賭ける方法もあります。

ちょっとやり過ぎかな?と思うくらい無理めの予算を伝えてしまっても意外となんとかなることも多いです。

値引きのコツ

値引きは粘り強く交渉することが大事です。

エクリプス クロスの場合、最初は10万円程度の値引きを提示されることが多く、粘って交渉しないと、できる値引きもしてもらえないので結果的に損をすることになります。

ギリギリまで粘って交渉するようにしましょう。

下取り車は値引きに有利なのか?

“下取り車があったほうが値引きが大きくなる”

と思いがちですが、これは大いなる錯覚です。

ディーラーは、値引きと下取りの上乗せを合算して、多く値引きしたように見せかける

のが常套手段です。

「下取り車は無し」で商談を進めて、愛車の最大買取価格はネットの一括査定で把握しておきましょう。

下取り車がある場合は愛車の査定相場を知っておくことも鉄則!
これでディーラーに安く買いたたかれることもありません!
>>愛車の査定額をチェック

納期は?

オプションによっても変わってきますが、基本的に1~2か月です。

新型エクリプス クロスはどんな車?


2018年初頭に発売予定の「クーペ SUV 」新型エクリプスクロスは現在注目を集めています。

かっこいい個性的なデザインを取り入れている、機動力も優れています。

また、ヨーロッパでは既に販売が開始されていたモデルですので、日本仕様車が公開されてから、三菱ファンの人たちは新型エクリプスクロスの販売をを心待ちにしていることでしょう。

三菱が以前からスポーツカーなどに使用していた「エクリプス」という名前を引き継いでいますので、スポーティ-感溢れるSUVであることをすぐにイメージすることができるのではないでしょうか?

エクステリア、インテリア

新型エクリプスクロスのデザインは一言でいうと「かっこいい」です。

基本的な色としては黒やシルバーが使われています。

新型エクリプスクロスのインテリアを見た人はすぐに、高級感溢れる仕様に仕上がっていることを感じ取ることができるに違いありません。

ディスプレイ自体も周りの色合いと溶け込むモデルと色が採用されていますので、雰囲気を壊すことはありません。

スマートフォンと連携させながらオーディオなどを操作することができますので安全面も配慮された機能が備え付けられています。

また、ディスプレイを通して速度などの詳しい情報が表示されるのも運転手にとっては嬉しい機能の一つといえます。

とにかく、新型エクリプスクロスのインテリアは運転から注意をそらさないように配慮されていますので、事故防止にも繋がるといえるでしょう。

スペック


新型エクリプスクロスの駆動方式は電子制御の4WDを採用しています。

見逃すことができないのは、1.5Lのダウンサイジングターボがつけられたモーターです。

排気量が1.5Lなので、「ちょっと物足りないな」と感じる方もいるかもしれません。

しかし、新型エクリプスクロスの場合は一味違います。

1.5Lのエンジンを採用しているものの、2.4Lの従来のエンジンの中低速トルクを発揮する能力を兼ね備えているのです。

また、電子制御の4WDが採用されていることによって、簡単にいえば思い通りの運転が可能になります。

走る道路の状況に合わせた運転手の指示を、忠実に表現してくれるのが新型エクリプスクロスなのです。

全長×全幅×全高(mm) 4,405×1,805×1,685
ホイールベース(mm) 2,670
トレッド 前/後(mm) 1,545/1,545
エンジン / トランスミッション 1.5Lダウンサイジング直噴ターボエンジン / CVT
2.2Lクリーンディーゼルターボエンジン / 8AT
駆動方式 電子制御4WD

燃費は?

公式発表を通して新型エクリプスクロスの燃費を詳しく知ることはまだできませんが、三菱の他のSUVと比較することによって、新型エクリプスクロスのおおよその燃費を把握することができます。

新型エクリプスクロスよりももっと大きい三菱から販売されているSUVであれば、リッター14kmまたは15km走るといわれています。

新型エクリプスクロスの場合は、他のSUVよりも燃費が良いことが想像されますので、少なくともこの数字よりは燃費良く走ってくれると考えることができます。

力強さだけではなくて、経済面でも助かるSUVになります。

phevは搭載される?

アウトランダーPHEVはPHEVの搭載されている車として非常に有名です。

おそらくもう一台他の車にもPHEVが搭載される車が販売されるのではないかと噂されていますが、今のところそれが新型エクリプスクロスに当てはまるのかどうかはわかりません。

ただ、他の小型のSUV車がPHEVが搭載される対象になるのではないかと言われていますので、期待は非常に大きいです。

正式発表されていないので想像するしかありません。PHEVが搭載されている三菱の車を期待してる人が非常に多いのも事実です。

PHEVが搭載されることによって販売台数を大きく引き伸ばすことができますので、新型エクリプスクロスにつけられる可能性も大いにあり得ます。

<<お得に車を買い替えたい方は必見!>>

車の買い替えに焦りは禁物です。
ディーラーに下取りに出すつもりでも
愛車の査定相場を知らずに交渉すると
安く買いたたかれて大損をしてしまうかも…。

【ディーラー下取り額<車査定の金額】
になることが多いのも今では常識です。
管理人おすすめのネット一括査定カービューで愛車の査定額をチェックしてから値引き交渉に臨みましょう!

カービュー公式サイトはこちら >>https://kaitori.carview.co.jp/