クルドラ

インプレッサ スポーツ(SPORT)のおすすめグレードを比較して検証!後悔しないために選んでおきたいのは?

インプレッサ スポーツを買うことは決めていても、どのグレードにするかは迷ってしまうもの。

そこでこのページではどのグレードが一番あなたにピッタリなのか、それぞれの特徴を解説しながら見ていきたいと思います。

1.6i-L EyeSightの特徴


1.6i-LEyeSightはインプレッサスポーツで最も価格の安いモデルで、予防安全装備のアイサイトVer3.0が標準装備となっています。

ヘッドライトはLED2灯ハイ&ロービームランプがオプションとなっており、ハロゲンヘッドランプが標準装備となります。

走行性能の面ではSI-DRIVEは装備できなくなっており、アクティブ・トルク・ベクタリングが装備されず、タイヤが16インチホイールとなっています。クルーズコントロールやフォグライトなども装備され低価格グレードですが装備は充実しています。キーレススタートはオプションとなっています。

2.0i-L EyeSightの特徴


2.0i-LEyeSightはインプレッサスポーツでの中間グレードで予防安全装備のアイサイトVer3.0が標準装備となっています。

ヘッドライトはLED2灯ハイ&ロービームランプがオプションとなっており、ハロゲンヘッドランプが標準装備となります。

走行性能の面ではSI-DRIVEが装備され、アクティブ・トルク・ベクタリングが装備されず、タイヤが17インチホイールとなっています。クルーズコントロールやフォグライトなども装備されます。ガラスが遮音ガラスにグレードアップしていることも特徴です。

スポンサーリンク

2.0i-S EyeSightの特徴


2.0i-SEyeSightはインプレッサスポーツでの上級グレードで予防安全装備のアイサイトVer3.0が標準装備となっています。ヘッドライトはLED2灯ハイ&ロービームランプが標準装備となっています。

走行性能の面ではSI-DRIVEが装備され、アクティブ・トルク・ベクタリングも標準装備され、タイヤが18インチホイールとなっています。クルーズコントロールやフォグライトなども装備されます。

シートは8ウェイパワーシートとなりガラスが遮音ガラスを装備し、外見面では窓ガラスにメッキモールが施されていることも特徴です。アルミパッド付スポーツペダルはこのグレードのみ標準装備です

おすすめはどのグレードか

予算が許す限りは走行性能で優れて18インチホイールを装備し、ペダル周りなどがハイグレードとなっている2.0i-SEyeSightがおすすめです。

1.6i-LEyeSightは低価格グレードながら装備の省略は少なくなっており、スポーツ走行をあまり意識しない日常での使用がメインであれば十分な装備と高い燃費性能を持っている点でおすすめできます。

2.0i-LEyeSightは2.0i-SEyeSightより低価格ながら同じエンジンという点がおすすめですが、比べると装備がやや劣っていることは否めません。

インプレッサを安く買うには下取り車を高く売ることがカギ

インプレッサの新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「かんたん車査定ガイド」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽かんたん車査定ガイド公式サイトはコチラ▽

スポンサーリンク