クルドラ

DiasWagon(ディアスワゴン)の2018年4月の値引き相場レポート!評価、評判もチェック!

diaswagon00
そんなディアスワゴンの購入を考えている方が一番気になっているのが“どのくらい値引きが可能なのか”だと思います。

そこで今回は

  • ・ディアスワゴンの値引きの相場・限界
  • ・値引き交渉のコツ
  • ・値引きにプラスして、できること

特にこの辺りの情報を包み隠さず紹介していこうと思います!

どうしてこんな普通はわからないようなリアルな情報を書けるかというとそれには理由があって…

実は管理人の友達がスバルの営業マンをしているのです。

なので最新の値引き情報上手なディアスワゴンの値引き交渉のやり方などの重要な情報が入ってきます。

営業マンが困る、値引き交渉のやり方】まで伝授しますので是非お読みください。

値引きの相場・限界は?

値引き額の限界をチェックしておくことはとても大切です。
もし、知らないで買ってしまうとかなりの金額を損することにもなりかねません・・・

2018年4月のディアスワゴンの値引き相場はズバリ

車両本体 15万円
オプションを含む値引き18万円

が、合格目標です。

目標金額を上限15万円とし、そこに到達しなければ購入は諦めて他車に切り替えた方が良いと思われます。
ディアスワゴンではオプションの中でもコーティング無料サービスなどは比較的行ってもらいやすいので、ここに重点を置いて交渉すると良いかもしれません。

ライバル車種と競合させる

ライバル車種との競合で値引きを引き出すのにはエブリイ、バモス、アトレーなどが効果的です。

これらの名前を出すことにより競争意識を煽り、値引きを引き出しましょう。

“どちらかというとメインで購入を検討しているはライバル車”と思わせられれば、気を変えるためにさらなる値引きを引き出せる場合もあります。

ディアスワゴン同士を競合させる

ライバル車種の名前を出しても値引きが思わしくなかった場合、ディアスワゴン同士を競合させることも効果的です。

ディアスワゴンはスバル店で扱われていて、△△スバル○○店の○○部分が少しでも違うところが別会社で別資本ですので、その複数店舗を回り、「他店ではここまで値引きしてくれたよ」ということを伝えれば値引きが大きくなることが期待できます。

基本的には隣の県まで足を伸ばせば必ず別会社になります。

また、いくつかのスバル店を回ることで、中には販売ノルマに未達のディーラーや営業マンに遭遇するときもあります。

そのときは鼻血が出るくらいがんばって値引いてくれますのでかなりラッキーです。

オプション値引き

オプションからの値引きも本体車両からの値引きと同じことですので大切なポイントです。
ディアスワゴンは本体値引きもありますが、オプション値引きある程度期待できますので、粘って交渉を行い、実質的な高額値引きに繋げましょう。

ディアスワゴンの場合は20~25%程度を目標に交渉しましょう。

また、契約直前だけに通用するやり方ですが、「このオプションをサービスで付けてくれたら契約するよ」と言えば、ちょっとしたオプションなら付けてもらえることもあります。

具体的には

・ドアバイザー
・ラゲージカーペット
・カーゴマット
・フロアカーペット
・システムバー
・マルチレール

などがねらい目です。

もちろんサービスしてもらうものなので、あまり贅沢は言わずに簡単に付けられるものを狙うのがポイントです。

また、ハンコを用意しておくなどして本気度をアピールしましょう

予算は伝えるべきか?

値引き交渉をするときに、“こちらの予算を伝えない”というやり方もありますが、営業マンもその道のプロです。

黙っていてもおおよその予算は見抜かれます。

ですのでオススメのやり方としては、これは営業マンにはもしかしたら嫌われてしまうかもしれないのですが、最初に少なめの予算を伝えて値引きを引き出しましょう。

「予算は180万円なので、これ以上は出せない。でもこの予算内でオプションなどもサービスしてくれたら即決してもいい」

などと勝負を賭ける方法もあります。

ちょっとやり過ぎかな?と思うくらい無理めの予算を伝えてしまっても意外となんとかなることも多いです。

値引きのコツ

値引きは粘り強く交渉することが大事です。

ディアスワゴンの場合、最初は5万円程度の値引きを提示されることが多く、粘って交渉しないと、できる値引きもしてもらえないので結果的に損をすることになります。

ギリギリまで粘って交渉するようにしましょう。

下取り車は値引きに有利なのか?

“下取り車があったほうが値引きが大きくなる”

と思いがちですが、これは大いなる錯覚です。

ディーラーは、値引きと下取りの上乗せを合算して、多く値引きしたように見せかける

のが常套手段です。

「下取り車は無し」で商談を進めて、愛車の最大買取価格はネットの一括査定で把握しておきましょう。

下取り車がある場合は愛車の査定相場を知っておくことも鉄則!
これでディーラーに安く買いたたかれることもありません!
>>愛車の査定額をチェック

納期は?

オプションによっても変わってきますが、基本的に1~2か月です。

今までになかった楽しさ

DiasWagonは5ドアのワンボックス型軽自動車で後席ドアはスライドドアとなっています。
エンジンは64馬力のインタークーラーターボのみの設定で、変速機は4ATだけとなっており、後輪駆動車と四輪駆動車が用意されています。

広い室内が特徴で180mmのリアシートのスライドと、片側/両側でのリアシートの格納、フルフラット化など多彩なシートアレンジが可能です。

後席左側のスライドドアはパワースライドドアとなっています。

ダイハツアトレーの兄弟車でエンブレムなど以外はほぼ共通です。

評判、評価は?

評価は中古車系の評価サイトでは満足度が5点満点中4.4点と高めで、走行性能、内装、外観デザインがついで評価が高くなっています。

別の評価サイトではスバルDiasWagonのレビューが一件しかなかったため、代替でアトレーワゴンの評価を参照したところ、エクステリアの評価が高く、エンジン性能、走行性能、乗り心地の評価が低いという結果でした。

最近のN-BOXなどの軽トールワゴンと比較した場合に特にネガティブな評価が多く出てしまっているようです。
diaswagon01

コスパで選ぶならどのグレード、オプション?

ディアスワゴンをコスパで選ぶのであれば、最低価格グレードのLSを検討すると良いでしょう。
低価格グレードですがターボエンジンが装備されており、上位グレードと同等の出力を発揮します。

スポンサーリンク

シートは全グレード共通となっており格納機構などのシートアレンジも同等で、オートエアコン装備などの面もメリットです。

スポイラーが省略されていたり、HIDヘッドライトがハロゲンランプになっているため低価格になっており、フォグランプとパワースライドドアは装備できません。
全タイプ共通ですが、オーディオレス仕様のため、カーナビまたはオーディオを装備すべきでしょう。

低価格グレードですがメーターにはタコメーターも用意されます。

リセールを考えて選ぶならどのグレード、オプション?

ディアスワゴンをリセールを考えて選ぶのであれば、最上級グレードであるRS Limitedを検討すると良いでしょう。
こちらはシリーズ唯一左側パワースライドドアが装備されることが特徴で、120wのカーゴソケットも装備されます。

アルミホイールが標準装備されており、リセールが有力な装備はカーナビとなるでしょう。
本革シートのようなオプションは設定されていません。

ディアスワゴンは全グレードでカラーが共通で選べ、ターボエンジンによる走行性能やエアバッグの安全装備などは特にオプションはなく全グレード共通なので、そこからのリセール面ではどのグレードでも同等と言えるかもしれません。

どんな人向けの車か?

広さと機能性が充実しているので、乗り方次第で様々な組み合わせができます。

ファミリーで乗っても十分乗れて、荷物も沢山積めるので遠出する時などに便利です。

小回りが利くので、狭い道でも女性でもスムーズに運転ができます。

高速運転をする時は不安定な所があるので、高速道路を使った遠出には不向きです。

安全性能が他の車と比べるとやや劣りますが、プライベートや通勤用に乗る分には十分です。

安全装備は?


電動格納式リモコンカラードドアミラーは、運転席から角度調整ができるので駐車する時に安全です。

衝突安全ボディで、国内衝突安全基準を満たしています。

万が一の事故のために歩行者の障害を軽減するために、ワイパーピボットとフード内に衝撃吸収構造を採用しています。

様々な角度から衝突の実験を行っていて、安全性が高いです。デュアルSRSエアバッグが搭載されているので、衝突した時には飛び出して守ってくれます。

ISO FIXチャイルドシートが固定バーとテザーアンカーがあるので、固定して衝突の衝撃を軽減します。

衝突を事前に回避してくれる機能は付いていません。

収納スペースは?


キャビンは床面が低いので、荷物の積み降ろしがしやすいです。

リアシートを倒す事で、キャビンに奥行きが出来て大きな荷物も乗せられるようになります。

広くすると、自転車も2台も楽に乗せられる程のスペースになります。

リヤクォーターポケットは左右にあり、便利に小物が入れられます。

カーゴルームカーペットになっていて、カーゴルーム床面と後部座席面のカーペットが防水と防汚が施されいて植木鉢等汚れた物でも置けます。

カーゴソケットは車内で携帯の充電等を行う時に便利な、電源ソケットが付いています。

居住性・快適性は?

後部座席も左右それぞれにスライドできるので、4人乗っても広々とした室内空間です。

前席ヘッドレスを外す事で、前後席の背もたれを後ろに倒すと大型ベッド並みの広さになりくつろげます。

ドアの開口部が広いので乗り降りがしやすく、グリップも付いているので後部座席に乗る時には捕まって乗れます。

高さもあるので、乗り降りするにも頭が当たる事はないです。

ドアはスライドになっていて、電波式リモコンキーなのでボタンを押すだけで簡単に開閉ができるので荷物を持っていても楽です。

スライドドアは半分閉めると、力を入れなくても閉まるのでお年寄りや女性や子供でも楽に閉められます。

走行性能・エンジン性能は?


ターボエンジンと高性能媒体を搭載していて、燃費と性能と走りの性能をバランス良くしています。

力強い加速と、高速走行の時にシャープなレスポンスが魅力的です。

走りは安定感があり、ロングホイールベースで人や荷物が沢山で重くても安定して走れます。

ボディは剛性で遮音対策がされていて、乗車していても静かで快適に過ごせます。

フルタイム4WDなので常に4輪に駆動力を伝えているため、路面が悪くても状況に応じてスムーズに対応して走行します。

最小回転半径が4.6mなので、小回りがかなり利きます。

優れているところは

シートが片側ずつ格納できるなど、状況に応じた収納モードが選択できるところが非常に優れている部分で、ワンボックスカーながら後席の作りも非常にしっかりとしています。

後席にもヒーターの送風口がついているところや、後席の床がフラットなのも良いところです。

収納スペースも多めに用意されているのがこのタイプの車にはありがたい要素です。

全車ターボエンジンでさらに4WD車がフルタイム4WDを採用しているのも選択肢としては有力な部分となりえるのではないでしょうか。
diaswagon02

物足りないところは

ダイハツアトレーの兄弟車であるため、デザイン的にスバルらしさはほとんどないのですが、現在のスバル製の車には箱型の車はないため、デザイン的にスバル的な要素をあまり入れられなさそうな部分は物足りないところです。

また、エマージェンシーブレーキなどの予防安全装備が一切搭載されていないため、今後のマイナーチェンジで搭載されることに期待したいところです。

燃費が14.8km/lとあまり良い数値ではないですがこのクラスでは17.0km/lくらいが当面の限界かもしれません。

バモスとの比較は?

ライバル車種は、ホンダバモスです。

バモスは知名度も高く人気の車種となっていますが、性能に関しては互角です。

実燃費でも両車10km/Lから14km/L程となっており、小回りの制度も4.5mのバモスに対しディアスワゴンは4.6mといい勝負です。

馬力でもターボ車同士の比較ではほぼ同じの60前後とされています。

車体価格では140万円からとなっているディアスワゴンに対しバモスは132万円と安くなっていますが、この最低金額の場合はターボが搭載されていないので、全車ターボ搭載のディアスワゴンの方が価格的には安いと言えます。

実燃費は?

ディアスワゴンのカタログ燃費は14.8km/Lとなっています。

カタログ燃費だけで判断すると非常に悪い、と思われる方は多いと思います。

しかし、実燃費では10km/Lから14km/Lほど記録されていて、実燃費では他社の軽バンとあまり大差はありません。

ディアスワゴンには全車ターボが装備されているので、加速力には定評があるので走行性能を考えると非常に良い燃費であると言えます。

知名度が高くないので、販売台数は多くはありませんが、性能は想像以上のものであると言えます。

ダサい?デザインや内装は?

diaswagon03
内装は薄いベージュが主体となっており、シンプルなデザイン性となっています。

窓が大きく、背が高いので見通しは良くて運転のしやすい設計となっています。

収納スペースも多く完備されていることや、全席倒すとフルフラットとなるので車中泊でも快適に眠りにつくことができます。

高速道路での走行は安定性に欠けてしまいますが、長距離を乗っても疲れません。

diaswagon04

スポンサーリンク
<<お得に車を買い替えたい方は必見!>>

車の買い替えに焦りは禁物です。
ディーラーに下取りに出すつもりでも
愛車の査定相場を知らずに交渉すると
何十万も安く買いたたかれて大損をしてしまうかも…。

管理人おすすめのかんたん車査定ガイドで愛車の最高額をチェックしてから値引き交渉に臨みましょう!

かんたん車査定ガイド公式サイトはこちら >>http://a-satei.com/