クルドラ

スペーシアを高く売りたい人に。相場よりも高く売るコツは?

2013年からパレットの後継車として販売されているスペーシア。
最近流行りの軽スーパーハイトワゴンで室内も広く燃費は32.0km/Lの高燃費で新車価格はおおよそ127万~190万円程です。

2013年式のスペーシアX2WDが136.8万~なのに対し現行のスペーシアX2WDは138.2万~となっています。

2015年からは軽初のデュアルカメラブレーキサポートがスペーシアから導入されました。7万5600円のオプション装備となっています。

スペーシアカスタムやスペーシアカスタムZや福祉車両のウィズなど関連車種も豊富になっています。

買い取り相場は

買取相場としては60万から100万程度になります。関連車種も入れるとそれ以上の買取額が考えられますがスペーシアのみだとその程度と考えておくといいでしょう。

しかし、一概に車種だけでいくらと断定することは難しくやはり年式、走行距離、内装外装の程度、ボディカラー等、色々な現状を加味して買取額は算出する為あくまでも相場になります。

売る際に査定額がアップするオプションやカラー、グレードは?

査定額がアップするグレードはやはり一番グレードの高いXです。Sエネチャージが搭載されたスペーシアはそれまでのスペーシアより買取額もアップします。

また、査定額がアップするオプションと言えばデュアルカメラブレーキサポートやディスチャージヘッドランプ、電動両側パワースライドドア、2トーンルーフになります。

ほとんどの車種にも言えますが、カラーはパールやブラックは中古相場で見るとあまり値段が下がりませんが個性的なカラーになると年式が古くなるにつれ中古相場もガクンと下がります。

そのため売る際の査定額にも影響してきますのでその分パールやブラックは少し高く査定して貰えるでしょう。

しかし、パールは新車購入時も他のカラーに比べ高くなっています。

スポンサーリンク

車を売る際は少しでも高く買い取って欲しいとみなさん思うでしょう。同じ車種で同じような状態であっても片方が高く売れ、片方はそれより安い場合は高く売れた方は新車購入時にもそれだけお金がかかっているという事は忘れないでおきたいですね。

スペーシアを高く売るコツ

結論から言うとスペーシアを少しでも高く売るコツは、「できるだけたくさんの見積もりを取ること」です。

ディーラーに下取りに出したり、買い取り業者の言い値で売ってしまっては高値で売れるチャンスをみすみす逃してしまうことになるのです。

生命保険に加入するときはいくつかの保険を見比べて見積もりをもらったうえで吟味しますよね?あれと全く同じことです。

複数の業者に査定をしてもらうことで業者同士を競争させて、スペーシアを売るのにベストな業者を見つけましょう!それには便利な「オンラインの中古車買取査定サービス」を活用するのがベストです。

中古車買取査定サービスとは、webでクルマの情報(メーカー、車種、走行距離)」と「ご自分の情報(名前、住所、電話番号など)」を入力することで、一つ一つの業者にわざわざ申し込みをしなくても見積もりが取れる便利なサービスです。

もちろん全部の業者にあなたのデータが渡ってしまうわけではありません。あなたが査定依頼をしてもらいたい買取業者だけを選択・確認の上、査定(見積もり)依頼をする。という流れになります。

しかも業者のほうでも他社と比べられることはわかっていますので、最初からがんばった査定金額を提示してくるというわけです。

その中で一番高値を提示してきた業者を選び交渉を進めていけばよいのです。A社で10万円と言われた車が、他では20万円以上の査定が出た!くなんてことはザラです。

スポンサーリンク