クルドラ

スイフトのおすすめグレードを比較して検証!後悔しないために選んでおきたいのは?

スイフトを買うことは決めていても、どのグレードにするかは迷ってしまうもの。

そこでこのページではどのグレードが一番あなたにピッタリなのか、それぞれの特徴を解説しながら見ていきたいと思います。

関連記事:>>スイフト 値引き

     >>スイフト おすすめオプション

RStの特徴


RStはスイフトの非ハイブリッド車では最も低価格なグレードで、色は五色のみの設定になっています。
デュアルセンサーブレーキサポートとSRSカーテンエアバッグとフロントシートSRSサイドエアバッグ、オートライトシステムなどによるセーフティパッケージはオプション装備となっています。

LEDヘッドランプを装備しており、LEDポジションランプ、リヤフォグランプが装備されます。マルチインフォメーションディスプレイはカラーのものが装備されます。

パドルシフト、本革巻ステアリングホイールを装備し、CVT車には運転席センターアームレストが装備されます。RS専用フロントグリルやバンパー、サイドアンダースポイラールーフエンドスポイラー、16インチホイールを装備します。

XGの特徴


XGはスイフトの中で最も低価格なグレードで、デュアルセンサーブレーキサポートとSRSカーテンエアバッグとフロントシートSRSサイドエアバッグなどによるセーフティパッケージも装備不可能となっています。

オートライトシステム、LEDポジションランプも装備されないなど全体的に装備は簡略化されています。マルチインフォメーションディスプレイはカラーではありませんが装備されます。

運転席センターアームレストが装備されないことも特徴です。唯一15インチホイールを装備したグレードです。

XLの特徴


XLはスイフトの中間的なグレードで、デュアルセンサーブレーキサポートとSRSカーテンエアバッグとフロントシートSRSサイドエアバッグ、オートライトシステムなどによるセーフティパッケージはオプション装備となっています。

マルチリフレクターヘッドランプを装備しており、LEDポジションランプ、リヤフォグランプは装備されません。マルチインフォメーションディスプレイはカラーではありませんが装備されます。

本革巻ステアリングホイールを装備し、CVT車には運転席センターアームレストが装備されます。16インチホイールを装備します。

RSの特徴


RSはスイフトのRSでは低価格なグレードで、色は五色のみの設定になっています。
デュアルセンサーブレーキサポートとSRSカーテンエアバッグとフロントシートSRSサイドエアバッグ、オートライトシステムなどによるセーフティパッケージはオプション装備となっています。

このタイプは誤発進抑制機能が装備されません。LEDヘッドランプを装備しており、LEDポジションランプ、リヤフォグランプが装備されます。

マルチインフォメーションディスプレイはカラーではありませんが装備されます。本革巻ステアリングホイールを装備し、CVT車には運転席センターアームレストは装備されません。

スポンサーリンク

RS専用フロントグリルやバンパー、サイドアンダースポイラールーフエンドスポイラー、16インチホイールを装備します。

ハイブリッドRSの特徴


ハイブリッドRSはスポーツタイプの味付けをしたグレードとなっています。
基本性能や装備はハイブリッドMLと変わりないのですが、スイフトのイメージのひとつの側面であるスポーティーさを前面に押し出した内容となっています。

一例をあげると、タイヤのサイズ自体はハイブリッドMLと変わりないですが、ホイールには、切削加工されブラック塗装されたホイールが用意されていて引き締まった足元を演出することによってスポーティーさが増しています。

RS系に装備されるグリルやバンパーといった車の表情をつかさどる部品もスポーティーさの演出に一役買っています。

ハイブリッドMLの特徴


ハイブリッドMLは、文字通りエンジンとしてハイブリッドシステムを搭載したモデルとなっています。

そして、省エネという観点だけでなく、ハイブリッドMLに特徴的なのはライトとシフト関係です。
ライト関係はLEDヘッドランプ、そしてポジションランプもLEDになります。

また、シフト関係では、CVT車にもスポーツ走行感覚を楽しめるマニュアルモードが付いたパドルシフトが装備されています。
ステアリング裏に配置されているこのパドルシフトによって、スポーツ走行感覚が楽しめるようになっています。

セーフティパッケージは必要か?

セーフティパッケージは自動ブレーキも含めた予防安全装備であるデュアルセンサーブレーキサポート、車線逸脱警報機能、前後シートベルトフォースリミッターなども装備され、さらにフロントシートのサイドエアバッグとカーテンエアバッグが装備されるため、装備可能なグレードであれば装備するべきでしょう。

グレードによってやや異なる価格ですが、誤発進抑制機能が装備されたタイプでもRStのタイプでも96120円の価格差に収まっています。RSには誤発進抑制機能が装備されず若干価格が安くなっています。

おすすめはどのグレードか

RS系の外観が好みであればセンターアームレストなどの装備や誤発進抑制機能なども装備され安全装備がより充実しているRStがおすすめとなります。
RSは誤発進抑制機能が装備されない点などが劣っていますが、RS系の外観は上位グレードと同じで、価格面で納得できればというグレードです。

一般グレードではXLが装備と価格のバランス面ではおすすめですが、より装備を充実させるとハイブリッドグレードになります。

XGグレードはセーフティパッケージが装備できない点ではあまりおすすめできませんが、室内装備が極端に簡略化されていない割には低価格というメリットはあります。

スイフトを安く買うには下取り車を高く売ることがカギ


スイフトの新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「かんたん車査定ガイド」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽かんたん車査定ガイド公式サイトはコチラ▽

スポンサーリンク