クルドラ

ジムニーを高く売りたいなら?相場よりも高く売れる、たった1つの方法!

ジムニーは、スズキが製造・販売する本格4WDオフロード軽自動車です。
1970年に初代が発売されて以降、2度のモデルチェンジを経て今なお愛される車です。

現在販売されている3代目(JB23W)は、1998年の登場以降、9度のマイナーチェンジを経て、19年もの間そのまま販売されています。
登場から47年が経過しますが、二駆と四駆の切り替えのできるパートタイム4WD機構や、ラダーフレーム、非常に大きなタイヤなど、昔ながらのオフロード走破技術を引き継いだ、日本車の中でも唯一無二の存在です。

決して広くはない車内、前後ともに固定軸を使用したサスペンション、重たいボディ、燃費の悪さなど時代に逆行した存在です。
しかし、それを引き換えにした悪路走破性能は日本一といっても過言ではありません。

そうでなくても、あの無骨なデザインを気に入って町中で乗っているジムニーユーザーも少なくありません。

買い取り相場は?

車の特性上、すぐに手放したり走行距離の少ないユーザーが少ないため、年式や走行距離の浅い中古車は、他の車種に比べてもかなり高額が付く傾向にあります。

そうでなくても、中古車市場で人気な車種のため、そこそこの距離や年式でもかなりの高額の査定がつく傾向にあります。
たとえば、9年落ちで7万キロ走行した一般的な軽自動車(例:スズキ ワゴンR)では10万円~20万円ほどの相場になってきます。

しかし、ジムニーであれば50~60万円、WILD WINDなどといった特別仕様車であれば70~80万円ほどにもなります。
5年落ち、走行5万キロ程度の車であれば、70~80万円、特別仕様車なら100~120万円ほどになってきます。

一般的な軽自動車ではこれだけの値段になるとかなりの高額査定です。
買取相場という点では、非常に強い車です。

売る際に査定額がアップするオプションやカラー、グレードは?

時期にもよりますが、ジムニーのグレード体型は、ベースグレード(XA、XGなど)、上級グレード(XCなど)、そして特別仕様車(WILD WINDなど)の主に3つに分類することができます。

中古車市場で特に人気なのは、やはり特別仕様車です。
WILD WIND、LAND VENTURE、X-ADVENTUREなどといった様々な特別仕様車がこれまでに発売されています。

何故かと言うと、これらには特別装備が多数設定されています。
たとえば、3年ほど前まで発売されていた特別仕様車のX-ADVENTUREには、専用のメッキフロントグリル、レザー調のシート、専用デザインのタイヤハウス、フォグランプやフォグランプのイルミネーションなど、便利に使えて見た目もよくなる装備が満載です。

そんな特別仕様車では、わざわざオプションをつけたり改造をしたりする必要がなくなり、お得感が出ます。
また、特別仕様車には専用カラーが存在します。

たとえば2008年頃にしか製造されていない特別カラーの赤色は、数も少なく人気が高いので、相場も上がる傾向にあります。
そのため、特別仕様車、さらにその特別仕様車だけの専用カラーであれば査定額も上がります。

もっと欲を言うと、ナビやETCなどのオプションは再販時に付いていると喜ばれるので、それも査定額アップの秘訣です。

高く売るために自分でできること

まず1つはきちんと整備をすることです。
中古車の査定基準では「定期点検整備をしている」と、査定の点数が加点されるようになっています。

スポンサーリンク

ジムニーは走行距離が多くても、程度のいいものが好まれるのでなおさらです。
ジムニーにおいては他の一般的な車種に比べると、傷より車の状態を重視される傾向にあります。

もちろん傷が少ないに越したことはないですし、板金修理などもあまり綺麗に直っていないと減額されてしまいます。
できるだけ事故や何かにぶつけたりは避けてあげましょう。

また、内装においては、中古車査定の基準からすると、車内を掃除していないことはそこまで大きくは影響しません。
しかし、「著しい汚れ」があると減額されてしまいますし、普段から車を綺麗にしてあげることも大事です。
あとは、インパネやドアの内張りなどに傷が少ないと喜ばれます。

普段から丁寧に車に乗ることも高く売るためには大事です。
また、走行距離もある程度は多くても問題ありません。
6~7万キロぐらいだとジムニーではこれからです。

ただ、10万キロを超えてくると査定額は落ちてくる傾向にあります。
走行距離もあまりに過走行になる前に売るほうが、高く売るためのコツになります。

結局は、ジムニーは傷などよりも走行距離やエンジン、足回りの状態が他の車より重視される傾向にあるので、そのあたりを気をつけてあげることが大事です。

ジムニーを高く売るコツ

ジムニーを少しでも高く売るコツは、「できるだけたくさんの業者から見積もりを取ること」です。

ディーラーに下取りに出したり、買い取り専門店の言い値でそのまま売ってしまっては高値で売れるチャンスをむざむざ逃してしまうことになりかねません!

例えば家を買ったりリフォームしたりするときはいくつかのメーカーや業者から見積もりを取って、見比べたうえで1番良い業者を選びますよね?それと全く同じです。

できるだけ多くの買い取り店に査定をしてもらうことで業者同士を競争させて、ジムニーを売るのにベストな業者を見つけましょう!それには便利な「オンラインの中古車査定サービス」を活用するのがベストです。

中古車査定サービスとは、インターネットでクルマの情報(メーカー、車種、走行距離)」と「ご自分の情報(名前、住所、電話番号など)」を入力することで、一つ一つの業者にわざわざ申し込みをしなくても見積もりが取れる便利なサービスです。

もちろん全部の業者にあなたの個人情報が知られてしまうわけではありません。例えばカービューであれば最大8社の中からあなたがコンタクトを取りたい業者を選べます。入力完了後、業者のほうから連絡が入るシステムになっています。

しかも業者のほうでも同業他社と相見積もりをとっていることはわかっていますので、がんばった査定金額を提示してくれやすいというわけです。

その中で高値を提示してきた業者を選び交渉を進めていけばよいのです。A社で40万円と言われた車が、他では60万円以上の査定が出た!なんてことはザラにあるんです!

実際に査定してもらうのに時間がかかるのが面倒な方は同じ時間に2.3社呼んで同時に見積もりを出してもらえば時間が省けます。こちらも査定業者は慣れっこですので特に気を使う必要はありません。

それどころかなるべく早く見積金額を伝えて契約が欲しいがために向こうから最短の時間を聞いてきてバッティングもいとわないことが多いです。

査定相場の変化

実際のジムニーの査定価格は、

  • ・へこみ・キズなどの有無
  • ・走行距離の長さ
  • ・年式の新古による違い
  • ・事故歴や修復歴の有無
  • ・グレードに人気があるか
  • ・ボディカラーが人気色かどうか
  • ・売却の時期

など様々な要因で変化します。

そのために、正確な査定額は実際に車を見てもらって出してもらうほかありません。

スポンサーリンク