クルドラ

アルトのおすすめグレードを比較して検証!後悔しないために選んでおきたいのは?

アルトを買うことは決めていても、どのグレードにするかは迷ってしまうもの。

そこでこのページではどのグレードが一番あなたにピッタリなのか、それぞれの特徴を解説しながら見ていきたいと思います。

Lの特徴


Lグレードはアルトの中間グレード的なタイプです。変速機はCVTのみの設定となっています。

予防安全装備のレーダーブレーキサポートの装備が可能です。

低燃費技術のエネチャージ、アイドリングストップ、エコクール技術が装備され、エコドライブインジケーターやエネルギーフローインジケーターも装備されます。

インテリアではチルトステアリングが装備され、リアヘッドレストも装備されますが、バニティミラー、運転席シートリフターは非装備です。色は10色用意され上位グレードと同等です。

Sの特徴


Sグレードはアルトの上位グレード的なタイプです。変速機はCVTのみの設定となっています。

予防安全装備のレーダーブレーキサポートの装備が可能です。

低燃費技術のエネチャージ、アイドリングストップ、エコクール技術が装備され、エコドライブインジケーターやエネルギーフローインジケーターも装備されます。

このグレードからカラードドアミラーの電動格納式ドアミラーが装備されます。

インテリアではチルトステアリング、リアヘッドレスト、バニティミラー運転席シートリフターが装備されます。色は全10色用意されます。

VPの特徴



VPは商用車登録となるアルトバンのグレードです。変速機はCVTが設定されず、5速マニュアルと5AGSが唯一選べます。

商用グレードですが予防安全装備のレーダーブレーキサポートの装備は可能です。

エネチャージ、アイドリングストップ、エコクール技術が装備されず、エコドライブインジケーターも装備されません。

インテリアではチルトステアリング、運転席シートリフター、リアヘッドレスト、バニティミラーが装備されません。ツートンカラーの内装やシートなど商用車としては華やかなインテリアです。外観色はスペリアホワイト一色です

Fの特徴


Fグレードはアルトの乗用グレードで最も低価格なタイプです。変速機はCVTが設定されず、5速マニュアルと5AGSが唯一選べる乗用グレードでもあります。

スポンサーリンク

低価格グレードですがレーダーブレーキサポートの装備は可能です。

エネチャージ、アイドリングストップ、エコクール技術が装備されず、エコドライブインジケーターも装備されません。

インテリアではチルトステアリング、運転席シートリフター、リアヘッドレスト、バニティミラーが装備されません。色は上位グレードよりも少なめになっています。

Xの特徴


Xグレードはアルトの最高価格の上級タイプです。変速機はCVTのみの設定となっています。

キーレスプッシュスタートシステムとイモビライザーが用意されるのはこのグレードだけとなります。

予防安全装備のレーダーブレーキサポートが標準装備です。

低燃費技術のエネチャージ、アイドリングストップ、エコクール技術が装備され、エコドライブインジケーターやエネルギーフローインジケーターも装備されます。

カラードドアミラーの電動格納式リモート格納ドアミラーが装備されます。

インテリアではチルトステアリング、リアヘッドレスト、バニティミラー運転席シートリフターが装備され、各部にメッキによる装飾が施されます。色は全10色用意されます。

レーダーブレーキサポートの効果

レーダーブレーキサポートは商用バンも含めたアルトの全タイプにオプション設定されていますが、5速マニュアル車には装備できないので注意が必要です。

レーダーブレーキサポートには自動ブレーキ機能に加え、誤発進抑制機能も装備されるため、踏み間違えによる事故の抑制にもつながります。

レーダーブレーキサポートのオプション価格は変速機などによって若干異なりますが、レーダーブレーキサポート装備の価格差が最高でも22000円以内と非常に低価格なので装備しない理由がないといっていいでしょう。

おすすめはどのグレードか

Sグレードのレーダーブレーキサポートが価格と装備のバランスでおすすめですが、キーレスプッシュスタートシステムなどの装備があるXも価格差がそれほどではないため十分におすすめできる内容となっています。どちらもアルトで最高の燃費です。

Lグレードも最高レベルの燃費で低価格とのバランスという点ではおすすめですが、装備は上位グレードより劣ります。

Fグレードは低価格な反面燃費で大きく劣っていることとリアヘッドレストがないことやシートの調整ができない点がネックとなりますが、アルトのマニュアル車に乗りたいという方はこれしか選択肢がありません。

VPグレードは商用グレードで低価格ですが後席のシート幅などの面から乗用向けとは言い難いです。

アルトを安く買うには下取り車を高く売ることがカギ

アルトの新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「かんたん車査定ガイド」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽かんたん車査定ガイド公式サイトはコチラ▽

スポンサーリンク