クルドラ

シトロエンC3のおすすめグレードを比較して検証!後悔しないために選んでおきたいのは

シトロエンC3は、フランスの歴史ある自動車メーカーシトロエンのBセグメントコンパクトカーです。

フランス車といえば、お洒落なイメージで、国産車やドイツ車とはまた違う味わいがあるのが魅力です。

 

とはいえ、初めて購入を検討しようと思うと、どのように選んでいけばよいか難しいですよね。

というわけで、今回はシトロエンC3の各グレードを比較して、その魅力に迫っていきます!

 

 

意外と高くない?!シトロエンC3のグレード一覧とその価格!

 

輸入車と聞くと、なんだか値段が高そうなイメージありますよね。

もちろん、そのようなメーカーもたくさんありますが、シトロエンC3の場合は、どんなグレードがあって、いくらの価格設定になっているのでしょうか。

 

 

国産車でいうと上級モデルの価格帯ではありますが、びっくりするほどの価格ではありませんよね。

シトロエンは価格としてもお手頃で、かつオリジナリティあふれる一台が手に入るメーカーなのです。

 

このように、シトロエンC3には3つのグレードが存在しますので、それぞれの魅力に迫っていきましょう。

 

エントリーモデルながら安全機能が充実しているFEEL

シトロエンC3のエントリーモデルにあたるFEELは、日頃のドライブでは十分なサポートをしてくれる安全機能が標準装備でついています。

 

その中でも、一番重要度の高いものが「アクティブセーフティブレーキ」です。

 

このシステムは、前方の障害物や車をセンサーで感知し、万が一ドライバーが回避行動をとらなかった場合に自動ブレーキで衝突を回避、被害の軽減をしてくれます。

普段から気を付けれていれば作動することはないですが、万が一は誰にでも起こりうることなので、そのサポートがあることはとても心強いです。

 

その他にも、急な坂道での発進をサポートしてくれる「ヒルスタートアシスタンス」や、車線からはみ出しそうなときに知らせてくれる「レーンデパーチャーウォーニング」など、運転に自信がない方でも安心の機能がしっかりついています。

 

 

次に、シトロエンC3 FEELのインテリアを見てみましょう。

全体的に丸みを帯びた造形と雰囲気が印象的ですよね。

FEELではこのグレーインテリアになります。

 

また、細かい部分の造りこみが良いのがフランス車の特徴です。

こちらはドアストラップで、旅行かばんをモチーフに作られていて、他の車にはないオリジナリティに溢れています。

こういったデザインのセンスの良さが、フランス車を選びたくなる一番の理由ですね。

 

 

また、車内中央の7インチタッチスクリーンは「ミラースクリーン」を搭載し、Apple CarPlayとAndoroid Autoに対応しています。

そのため、スマホと車を連動させることが可能で、ナビもこの機能を使って表示することができます。

 

別途でナビを購入しなくてよいのはコスト面でもありがたいですよね。

 

まるでパリジャン?!お洒落を追求する人にはSHINE

必要なものがしっかりあるFEELの装備に、さらにお洒落さがプラスされたのがSHINEです。

 

まずエクステリアでの大きな違いとしては、屋根の色を選択できる「バイトーンルーフ」が標準で採用されている点です。

ボディカラーによって、「ルージュアデン(赤)」「ブランオーバル(白)」「ノアールオニキス(黒)」の3色のうち2色から選ぶことができます。

シトロエンC3は、元々ピラーのカラーがブラックなので、2トーンのカラーにすることも可能になり、より自分だけの一台という感覚が増します。

 

また、インテリアでは、ボディカラーに対応してグレーもしくはアーバンレッドになります。

色としては非常にビビッドなレッドなので、一見派手にも見えますが、ブラックを基調としたインテリアの中なのでお洒落なアクセントで下品にならないのが良いポイントです。

 

そして、このSHINEにはもう一つ特別な機能があります。

それが、「シトロエンコネクティッドカム」です。

これは、ルームミラー基部に装着されたフルHDカメラで、運転中の印象的な出来事の写真を撮り位置情報とともに保存できる機能です。

専用アプリと連動してスマホに送ったり、SNSにアップロードしたりもできます。

 

これは標準装備としては世界初の機能で、まさにシトロエンC3が体現するイメージの「旅」にピッタリです。

 

とはいえ、そんな機能使うの?っていう疑問は実際沸いてきますよね。

実は、このカメラはこうした使い道以外にも使えるのです。

 

その一つが、ドライブレコーダーとしての機能です。

専用のセンサーが内蔵され、衝突を感知するとその30秒前から60秒後までの計90秒間を自動的に録画し保存します。

 

近年はドライブレコーダーを装着する方も増えていますし、それが標準装備でついているのは非常にありがたいですよね。

 

また、GPS機能が付いている利点を活かして、位置情報をスマホに送ることができます。

例えば、レジャー施設やショッピングセンターなどで巨大な駐車場に車を止めることもありますよね。

そんなときに、車の位置がわからなくなってしまうこともあります。

しかし、この機能があれば送られた位置情報で自車の位置を把握することができるのです。

 

このように、コネクティッドカムは一見使い道の限定された機能に見えて、様々なシチュエーションに対応できる優れた機能なのです。

 

 

SHINEは、安全装備でもさらに充実しています。

ブラインドスポットモニターは、斜め後方の死角にいる後続車両をお知らせしてくれる機能で、かなり役に立ちます。

 

 

バックカメラは、後退時にタッチスクリーンに状況を画像を映してくれるので、駐車も安全に行うことができます。

コンパクトカーであっても、あると感覚が掴みやすく、大変便利です。

 

SHINEをさらに豪華にした特別仕様車! COLORADO EDITION

 

シトロエンC3 COLOLADO EDITIONは、SHINEの充実した機能はそのままに、内外装に特別な装備を追加している特別仕様車です。

 

主な変更点としては2点あり、一つはホイールです。

スポンサーリンク

FEELが15インチ、SHINEが16インチホイールなのに対して、COLORADO EDITIONは17インチアロイホイールが装着されていて、かつデザインも個性的なため、より足元の存在感が際立っています。

 

もう一つが、インテリアカラーと素材です。

 

他のグレードと大きく違うのは、ブラウン系のコロラドカラーが施されたインテリアカラーと、テップレザーとファブリックのコンビネーションシートです。

 

非常に暖かみのある落ち着いたカラーで、他のグレードとは一線を画しています。

 

 

これで後悔しない!シトロエンC3おすすめグレードとその理由!

 

これまで各グレードの特徴をそれぞれ比較し、検証してきました。

 

各グレードに良さがしっかりあり、どれを選んでも間違いはないというのがまず前提であります。

 

 

その中で、今回皆さんにおすすめするグレードは、SHINEです。

 

シトロエンC3の最大の良さは、オリジナリティでシックな一台を気軽に楽しめる点です。

それを一番表現しているのは、SHINEです。

 

 

充実した安全装備はもちろんのこと、最新装備であるコネクティッドカムも標準装備というのは非常に良いです。

 

特に、コネクティッドカムは、実質ドライブレコーダーの役割を果たします。

自分がどれだけ気を付けても、事故があるという可能性は0%ではありません。

そんな時に、しっかり証拠があることで自分自身、ないしは家族や同乗者の身を守ることにもつながりますよね。

そして、こういった実用的な機能でもシトロエンはしっかりお洒落にしてくれます。

普通、ドライブレコーダーは外付けなので、どうしてもデザインがスマートにならない時があります。

しかし、コネクティッドカムは最初からつける前提でデザインされているので、インテリアの雰囲気を壊しません。

 

実用性とお洒落さを両立させている点が本当に高ポイントです。

 

 

 

また、オリジナリティをさらに発揮させてくれるのがバイトーンルーフです。

あくまでルーフなので目立ちすぎることもなく、さりげないお洒落が楽しめます。

 

 

また、SHINEのみで選べるオプションとして、パノラミックガラスルーフがあります。

ルーフ部分を大きなガラスに変えることのできるこのオプションは、解放感は抜群です。

 

もちろん、カバーをボタン一つで開閉できるので、過度に日当たりがしたりする心配もいりません。

同乗者も一緒にドライブを楽しめるので、お洒落さと相まって車内の雰囲気も良くなりそうですね。

 

 

以上のことから、今回シトロエンC3でおすすめするグレードはSHINEとなります。

 

シトロエンC3グレード比較!まとめ

今回は、シトロエンC3の各グレードの特徴をまとめ、その違いについてご紹介しました。

とてもシックな車ですが、安全性も置き去りになっていない点が非常に好感が持てます。

 

たまにしか運転しないという方でも扱いやすく、かつドライブが楽しくなる車はなかなかなかありませんので、ぜひシトロエンC3でフランス車の魅力に触れてみてくださいね!

この記事を見てくれた人には新車購入時に絶対損をしてほしくないので、どうやって騙されずに値引き交渉すればよいのか、次の記事でチェックしてみてください。

>>シトロエンC3の最新値引き相場レポート!

シトロエンC3を安く買うには下取り車を高く売ることがカギ

 

C3の新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「かんたん車査定ガイド」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽かんたん車査定ガイド公式サイトはコチラ▽

それでも・・・
あなた
ネットの一括査定って個人情報が洩れたり、めちゃめちゃ電話がかかってくるんじゃないの?それは嫌だな~
管理人
そんな不安をお持ちの方は「かんたん車査定ガイドって実際どう?キャンセルできる?管理人が実際に使ってみた」をご覧ください。きっと不安が解消します。
管理人
もし、あなたが個人情報をできるだけ開示したくないならユーカーパックがオススメです

ユーカーパックが人気の理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・連絡が来るのがユーカーパックのコールセンターからのみ
・査定は1回だけ。そのデータをもとに各業者が買取価格を提示

↓ユーカーパック公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
管理人
ユーカーパック?どういうサービス?なにが得なの?という方は「ユーカーパックが車一括査定よりも良いところはどこ?」をご覧ください
管理人
最高額を提示してくれる1社とだけ電話をしたいなら「車査定・買取の窓口見積もり(無料)」がオススメです。
今ならご成約者全員にamazonギフト券5000円分プレゼントと太っ腹!※過去1か月以内に一括査定サイトを利用していないことが条件
車査定・買取の窓口が選ばれている理由
・しつこい電話がない
・最高額の買取会社のみ紹介してくれる
・個人情報は1社にしか公開されない
・入力項目が10個以下とほかの一括査定と比べてかなり少ない

▽車査定・買取の窓口公式サイトはこちら▽
管理人
車査定・買取の窓口ってなに?大丈夫なの?と心配な方は「「車査定・買取の窓口」のメリット・デメリットを他のサービスと比較!」をご覧ください

 

スポンサーリンク

メニュー